shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年05月11日

Shoespost-online

2021年05月11日

ゼビオホールディングス、20年3月期業績は暖冬、消費税増税、新型コロナの影響で減収

暖冬、消費税増税、新型コロナの影響で減収となった。利益面は、適正売価の維持で売上総利益は増加したが、新規出店やシステム対応の費用が増加し減益となった。国内外で出店102、閉店109で期末のグループ総店舗数は860(総合スポーツ221、ゴルフ380、アウトドア74、ファッション70、その他115)。


部門別売上高はウインターが暖冬で同25.6%減、ゴルフはグッズの販売が好調で同3.7%増、一般競技スポーツ・シューズは、W杯の反動やウェルネス用品のブーム一巡、新型コロナなどで同7.0%減、スポーツアパレルは気候変動への対応不足や新型コロナで同5.5%減、アウトドア・その他はキャンプ用品の好調などで同0.5%増だった。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP