shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年05月09日

Shoespost-online

2021年05月09日

アシックス、「アシックス」ブランドの靴箱を環境配慮型に切り替える

アシックスは、サステナビリティに配慮した取り組みの一環として、2020年夏から全世界を対象にシューズボックスを環境に配慮した仕様に順次切り替える。


対象は「アシックス」ブランド(一部除く)で、これによりCO2の排出量を年間約1200㌧削減できる見込み。今後同社では、「オニツカタイガー」「ホグロフス」の両ブランドを含むすべての同社シューズを対象に、切り替えを検討していくとしている。


今回の環境配慮型シューズボックスは100%再生紙を採用し、紙の使用量を同社従来比で約10%削減。また水性インクを採用し、インクの使用量を同約50%削減する。


同社は、2030年に向けたCO2排出量削減目標を設定しており、サプライチェーンにおいて製品当たりのCO2排出量を2015年比で55%削減することを目指している。


今回の取り組みは、その一環として実施するもので、そのほか2030年までにシューズのアッパーおよびウェアに使用されるポリエステル材を100%再生ポリエステル材に切り替えるという目標を設定するなど、さまざまな取り組みを行っている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP