shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年08月18日

Shoespost-online

2022年08月18日

シダスジャパン、サッカーJ2の横浜FCとオフィシャルサプライヤー契約を締結

提供商品の一例。㊧スパイクプラス、㊥フットボール3D、㊨3Dサンダル2022 ゼブラ ブラック

シダスジャパンは、日本プロサッカーリーグ・J2に所属する横浜フリエスポーツクラブ運営の「横浜FC」と、2022・2023シーズンにおけるオフィシャルパートナー契約を締結した。なお、シダスジャパンが日本のプロサッカーリーグとサプライヤー契約をするのは今回が初めてとなる。


横浜FCは、シダスジャパンと同じく横浜市をホームタウンとして活動するプロサッカークラブ。青少年の長期的なプロサッカー選手の育成を見据えたアカデミー部門のほか、なでしこリーグ一部に所属する「ニッパツ横浜FCシーガルズ」など、男女ともにサッカーのできる環境を整え、今後の日本サッカーの普及とジェンダー平等の実現に向けて、誰もが活躍できるより良い未来を目指したクラブ活動を積極的に行っている。


シダスジャパンは、このようなクラブの目指す世界に深く共感し、これまでも数多くのトップアスリートのパフォーマンスをインソールで支えてきた実績を踏まえて、今回の契約に至った。


今回の契約により同社は、横浜FCのアカデミー生から男女両トップチームまで横浜FC選手の足元を包括的に支援し、今後のさらなる活躍を応援していく。具体的には、激しい試合での衝撃からトップ選手の足をケアするため、オーダーメイドのプレミアム・カスタムインソールを作製するほか、一般医療機器取得をしたリカバリーサンダルシリーズ「3D SANDALS by sidas」を提供し、試合後の筋肉の疲労回復を早めるサポートも行う。さらには、筋力が十分に発達していないアカデミー生に対して、サッカー選手として中長期で快適にプレーできるよう、ジュニアサイズから展開するサッカー専用のインソールも提供する。



関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP