shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年09月25日

Shoespost-online

2022年09月25日

アシックスジャパン、メインモデルに俳優の滝藤賢一さんを起用したワーキングシューズのファッションショーの動画を一般公開



アシックスジャパンは、6月30日にアシックスジャパン本社(東京・江東区)でワーキングシューズのファッションショー「ASICS WORKING FASHION SHOW(アシックス ワーキング ファッションショー)」を開催し、その模様を特設サイト(https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/working/fashion-show)で一般公開した。


ファッションショーは、「シゴトはもっと楽しめる。」をテーマに、建築、建設、土木、製造業を始め、物流やレスキュー、厨房、メディカル、モータースポーツなど「現場で働く人」にスポットライトを当て、業務に従事する人への感謝や尊敬の気持ちを込めて企画した。男性8人、女性7人のモデルが、さまざまな業種のファッションに身を包み、滑りやすいスロープを歩く耐滑ゾーン、水たまりの上を歩く防水ゾーン、デリケートな足裏感覚が要求される足場ゾーンなど、「アシックス ワーキングシューズ」の機能を表現するユニークなセットからなるランウェイを歩いた。


メインモデルには、俳優の滝藤賢一さんが起用され、下積み時代に多くのアルバイトを経験し、さまざまな業種の役柄を演じる滝藤さんが「アシックス ワーキングシューズ」の魅力を伝えている。滝藤さんは「ファッションショーは緊張感があり、とても気持ちよかった。まず、シューズを履いた瞬間、“軽い”と思い、スポンジを履いているような感覚だった。ランウェイには急な坂もあったが、吸い付くような感じで足がブレず、安定感にも優れていた。さまざまな職業の人たちが、かっこいいシューズを履いて働けるというのは、すごくいい時代になったと思う。また、現場で仕事をされる女性もよく見かけるようになったが、いろいろとお洒落も楽しめるのではないだろうか。“現場で働く人”、1人ひとりのことを考えながらつくられたこの素敵なシューズを、より多くの人に使ってもらいたい」とコメントしている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP