shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年10月01日

Shoespost-online

2022年10月01日

「デサント」が「リーガル」とのコラボ第2弾の国産の紳士革靴――9月1日からDESCENTE ルミネ新宿で数量限定販売



デサントジャパンが展開する「デサント」は、リーガルコーポレーションが展開する「リーガル」とのコラボレーション第2弾となるレザーシューズ「REGAL DESCENTE(リーガル デサント)」を、国内では9月1日(木)からルミネ新宿 ルミネ1にオープンする期間限定ショップ「DESCENTE ルミネ新宿」でのみ、数量限定で販売する。


両社は、ともに岩手県奥州市(水沢地区)に工場を有していたことがきっかけとなり、分野は異なるものの、モノづくりにこだわりを持つという共通点のあるコラボレーションが実現した。「デサント」のトップアスリートを支えるスポーツウェア開発で培ったノウハウと、「リーガル」の60年以上の歴史とともに進化を重ねてきた靴づくりの技術力を融合することで、”機能性とファッション性を兼ね備え、新しく多様な生活様式の現代を生きる、都会的な男性に向けたデザイン”を目指して開発を進めた。


今回発売する「REGAL DESCENTE(リーガル デサント)」は、昨年の第1弾に続き“ユーティリティ”をキーワードにしたレザーシューズ。アッパーにはシボ入りの革を採用し、靴紐は一般的な革靴の通し方と一見紐を 通していないように見せることもできる通し方の2通りをシーンや気分に応じて使い分けできるような仕様にすることで、フォーマルからややカジュアルライクな服装まで、より幅広い場面で着用できる仕上がりにした。


また、スキーウェアなどで防水性を高めるために多く用いられる熱圧着加工の採用で、①過度なデザインをそぎ落としたミニマルなアッパーのフォルム、②羽根回りやトップラインの切りっぱなしが斬新なエッジの効いたデザイン、③アッパー部分の縫製箇所を極力少なくして足当たりによるストレスを軽減し快適性を向上、といったメリットを実現した。


ソールには機能性の高さに定評があるヴィブラム社製で見た目にもインパクトのあるシャークソールを採用し、耐滑性やクッション性をプラスした。25.0、26.0、27.0㎝の3サイズ展開で、カラーはブラックのみ。価格は3万8500円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP