shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年05月14日

Shoespost-online

2021年05月14日

オールバーズ、日本2号店を東京・丸の内に6月にオープン

オールバーズ日本第2号店のAllbirds丸の内



オールバーズは、サンフランシスコ発のサステナブルなライフスタイルブランド「Allbirds(オールバーズ)」の国内2店舗目を東京・丸の内に6月3日にオープンする。


「オールバーズ」は、メリノウール、ユーカリ繊維、サトウキビなどの自然由来の素材を使うことで、カーボンフットプリント(温室効果ガスの排出量を二酸化炭素に換算したもの)の排出量を抑えるといった環境に配慮したモノづくりを行い、日々最新のテクノロジーを生み出しているシリコンバレーで支持を集め、アカデミー賞受賞者で環境活動家でもあるレオナルド・ディカプリオ氏が投資をし、その評価を世界中で高めてきた。


2020年1月10日にオープンした日本第1号店の原宿店は2020年、世界中のオールバーズ店舗の中で1番の販売実績を記録した。さらにスニーカー、ランニングシューズ、アンダーウェア、アパレル、ソックスの全製品にカーボンフットプリントを表示し、地球環境への負荷を自ら計測し、その削減への努力を行っている。


Allbirds丸の内は、オールバーズのフルラインを揃えるほか、オープン記念アイテムの発売も予定する。約220㎡の店内には、アパレルが試着できるフィッティングルームを設置し、店内は再生エネルギー電力を使用し環境への取り組みをさらに強めている。


Allbirds創業者のひとりであるジョーイ・ズウィリンジャー氏は今回の2号店のオープンに際し、次のように語っている。
「2020年に小売業が直面した難題に備えることは誰にもできなかったと思うが、そんななかで原宿店が大きな成功を収められたことは幸運だった。日本の消費者が我々の製品のシンプルなデザインとサステナビリティを重視したモノづくりに共感してくれていることを実感し、日本に2号店をオープンすることは理に適っていると早くから感じていた。東京の丸の内から持続可能な製品とビジョンを発信していくことをとても楽しみにしている」


Allbirds丸の内=東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階105区


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP