shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年09月24日

Shoespost-online

2022年09月24日

「キーン」から防水ウインタースニーカー「フッドコレクション」が登場



キーン・ジャパンは、「キーン」から防水ウインタースニーカー「HOOD(フッド)コレクション」を12月10日から全国発売をスタートした。


フッドコレクションは、キーンが本社を構える米国オレゴン州の最高峰Mt.Hoodの麓の港町、Hood Riverからインスパイアされたコレクション。


インサレーション入りのナイロンアッパーと独自の保温素材のキーン・ウォームにより、氷点下でも快適な保温性を確保。また、独自防水透湿素材のキーン・ドライにより防水機能を完備。アウトソールには低温環境でグリップ力を発揮するフリーズラバーアウトソールを採用している。


デザインは、キーン・ジャパン内に設立したプロダクト開発チーム“東京デザインセンター(TDC)”が手掛け、日本のファッションニーズにフィットするデザインとカラーリングを落とし込んだ。


スリップオンブーツ「フッドロメオ ウォータープルーフ」(税込1万7600円)と、キーンの歴代水陸両用サンダルのデザインを踏襲したストラップブーツ「フッドゼラ ウォータープルーフ」(税込1万6500円)からメンズの新色展開に加え、待望のウイメンズモデルを初展開する。


チャッカブーツ「フッドチャッカウォータープルーフ」からは、東南アジアで幼少期を過ごしたバックボーンを持つデザイナー、牛田祐輔氏が手掛ける大阪発のブランド「rajabrooke(ラジャブルック)」とのコラボレーションを初展開。


「マレーシアの国蝶」を意味するrajabrooke のインスピレーションの根源でもある“東南アジア”を感じるバティック柄をモノトーンで落とし込み、バンジーコードのトグルとアローヘッドにパープルの差し色を配した唯一無二なカラーリングに仕上がった。価格は1万5950円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP