shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年08月18日

Shoespost-online

2022年08月18日

「プラステ」がリサイクルニットシューズの新作として素足で履ける・洗えるオペラシューズを発売



ファーストリテイリンググループのプラステが展開する働く大人のための上質ブランド「PLST(プラステ)」は、人気のリサイクルニットシューズの第2弾として「リサイクルニットエアリーオペラシューズ」を発売した。2022年2月に発売した第1弾のニットパンプスは、発売直後から反響を呼び、一部カラーの品薄状態が続くほど人気を博した。


オペラシューズは、オペラ観劇や晩餐会などの夜会の際の紳士用正装靴として生まれ、女性向けにも改良されたシューズ。足の甲がしっかり覆われ、ヒールがなくフラットなデザインのため、フィット感があり歩きやすいと近年女性に人気のアイテムになっている。


リサイクルニットエアリーオペラシューズは、立体的に編まれており型崩れしにくく、高い通気性で素足のまま履くことができる。素足の汚れが気になる場合は、丸洗いもしくはインソールのみ取り外して洗うこともできる。また、軽量かつ丸めてコンパクトにできるため、夏~秋の行楽シーズンの持ち運びにも便利な点も特徴。旅先でもサンダルの素足から、さっと履き替えるだけで、フォーマルなシーンにも柔軟に対応することができる。カラーは2色展開、価格は8990円(税込)。


リサイクルニットシューズは、持続可能な社会づくりに貢献するために、機能性やデザイン、履き心地だけではなく、再生PET樹脂の使用や紙箱の不使用など、資源を無駄にせず地球環境に優しい製品設計となっている。


アッパーとインソールには、ペットボトルをリサイクルして作られた再生PET樹脂を85%混合したリサイクル糸を、アウトソールには、TPE(熱可塑性樹脂ゴム弾性体)素材を使用。環境を意識し、購入者には紙の靴箱ではなく、付属の布バッグで提供。靴をコンパクトに収納できるため、持ち運びに便利。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP