shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年10月01日

Shoespost-online

2022年10月01日

クロシェ、「ファルファーレ」から貞松・浜田バレエ団とコラボしたタウンユースのバレエシューズ「perle(ペルル)」を限定販売



レディスアパレル企業のクロシェ(兵庫県神戸市、沼部健代表取締役)は、同社のバレエシューズブランド「farfalle(ファルファーレ)」と、同じ神戸に拠点を置く貞松・浜田バレエ団とコラボレーションして、9月24、25日にあましんアルカイックホール(尼崎市)で開催される同バレエ団の「コッペリア」上演を記念し、同バレエ団所属ダンサーのシャンティ紀奈さんがデザインしたタウンユースのバレエシューズ「perle(ペルル)」と公演チケットのセットを、8月26日(金)からファルファーレ公式オンラインショップで限定販売している。


価格は2万2250円(税込)。この公演チケットとシューズのセットを購入すると、コラボシューズが500円オフになり、公演チケットも10%オフ、シャンティ紀奈さんのスペシャル動画視聴可能、抽選で各日3組ペア計6人を公演終了後、舞台裏に招待といった特典がある。なお、チケットとのセットは9月12日(月)までで、靴のみの販売は9月12日以降となる。サイズは34~40(22.0~25.0㎝)で、カラーはライトピンクのみ。ヒールは0.9㎝。シューズの価格は1万6500円(税込)。


今回のコラボシューズのデザインおよびモデルを務めるシャンティ紀奈さんは、6歳からバレエを始め、2010年に貞松・浜田バレエ学園に入園し、2018年に同バレエ団に入団。「くるみ割り人形」「ドン・キホーテ」などに出演のほか、創作作品にも多数出演。2018年、ロシア エルミタージュ劇場で「パキータ」に出演。主な受賞歴は、NAMUEバレエコンクール神戸 高校生部門第1位&全特別賞など。今回の「コッペリア」では、両日ともスワニルダの友人役で出演。プロダンサーとして踊るかたわら、モデルとしても活動する。


商品名の「ペルル」はフランス語で「パール」の意。シャンティ紀奈さんは「ペルルは、パールを贅沢に並べて足元が華やぐデザインにしている。お出かけのときに履いてももちろんかわいいし、足裏のプニプニのクッションが気持ちよく、靴自体とても軽いので、いつでも履きやすい万能な靴。トゥシューズと、『コッペリア』の衣裳も意識している。ペルルで、バレエ鑑賞もおしゃれも、ぜひ楽しんでいただきたい」とコメントしている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP