shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月16日

Shoespost-online

2022年05月16日

「靴のめぐみ祭り市」が11月27日(土)、28日(日)に浅草の玉姫稲荷神社で開かれる――10万足の靴を奉仕価格で販売

第47回「靴のめぐみ祭り市」(主催:靴のめぐみ祭り市実行委員会)が11月27日(土)、28日(日)の両日、東京都台東区清川の玉姫稲荷神社境内で行われる。


靴のめぐみ祭り市は、靴づくりの事業者が集う地域の氏神様である玉姫稲荷神社への感謝を込めて、秋の新嘗祭の祭事を手本に、靴供養を始めとする祭事と感謝市を1974年から毎年開催している。


2日間にわたり、浅草の靴事業者が10万足のシューズを用意して販売するという、業界最大級の靴フェアとして、紳士靴、婦人靴、スニーカー、カジュアルシューズからサンダル、スリッパ、さらにはハンドバッグ、財布、ベルトなどが奉仕価格で提供される。


また、寿命が尽きた古靴を供養する「古靴感謝供養祭典」(靴供養)のほか、27日(土)10:30からは恒例となった第14回日本シューズベストドレッサー賞受賞者への授与式、同第7回クラフトマン部門グランプリの発表、および靴のファッションショーが行われる。


玉姫稲荷神社(東京都台東区清川2-13-20)へは、JR常磐線・つくばエクスプレス・地下鉄日比谷線の南千住駅下車徒歩10分、バスでは都バスの清川2丁目下車徒歩3分、台東区循環バス北めぐりん・ぐるーりめぐりん清川1丁目下車徒歩2分。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP