shoespost

 

 

Shoespost-online

2023年02月04日

Shoespost-online

2023年02月04日

日本シューズベストドレッサー賞に王林さん、内藤秀一郎さん、関根勤さん――第8回クラフトマン部門の授賞式も行われる

日本シューズベストドレッサー賞を受賞した王林さん、内藤秀一郎さん、関根勤さんを始め、クラフトマン部門の受賞者、靴のめぐみ祭り市の恒次会長、経済産業省田上課長、台東区佐々木部長による記念撮影

東京・台東区の玉姫稲荷神社で11月26日(土)、第15回日本シューズベストドレッサー賞の授賞式が行われ、女性部門でタレントの王林さん、男性部門で俳優の内藤秀一郎さん、シニア部門でタレントの関根勤さんが表彰された。


授賞式は、靴のめぐみ祭り市の恒次勝利実行委員会会長の挨拶で始まり、経済産業省製造産業局生活製品課田上博道課長および台東区長代理の佐々木洋一産業振興担当部長が来賓の祝辞を述べた後行われ、受賞者3人に賞状と本人デザインのシューズが贈呈された。


王林さんは、自身が好きな「ウエスタンブーツに出身地、青森に由来するリンゴをデザインするという“こだわり”を入れて」製作したが、こだわりが強すぎて当日の披露に間に合わなかった。内藤さんデザインのシューズは「赤いラインを入れることをリクエストした」というブーツ、関根さんは「好きな明るいブルーのレザーを使った歩きやすく、おしゃれなスニーカー」をオーダーし、授賞式後のファッションショーのランウェイで披露した。


続いて、第8回クラフトマン部門の授賞式が行われ、シューズの製造技術やデザインを学ぶ学生等から応募された73点の応募作品の中から、グランプリに平馬直弥さんの「夏の夜」、準グランプリに朱靖心さんの「Reversal」、審査員特別賞に村井真美子さんの「深緑の大木の靴」、アイデア賞に太田誠さんの「魔法の絨毯」、デザイン賞に清水美帆さんの「秘め事」、ビジュアル賞に束原じゅんさんの「無題」が選ばれた。


グランプリを受賞した平馬さんには賞金25万円とイタリア・ミラノ視察、準グランプリの朱さんには賞金10万円とイタリア・ミラノ視察、審査員特別賞の村井さんには賞金7万円、その他の受賞者には賞金4万円が贈られた。平馬さんのグランプリ受賞作「夏の夜」は、トンボをデザインソースにファンタジーの世界に誘う1足として「今までにないような靴を制作した」という。(平馬さんへのインタビューを後日公開予定)


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP