shoespost

 

 

Shoespost-online

2023年02月08日

Shoespost-online

2023年02月08日

「スピングルムーヴ」からマウンテンブーツタイプのミドルカットスニーカーが登場



スピングルカンパニーは、「SPINGLE MOVE(スピングルムーヴ)」から防水透湿性素材GORE-TEXファブリクスを採用し、防水・透湿性能を追求したマウンテンブーツタイプのミドルカットスニーカー「SPM-1402」を発売した。


市場では、アウトドア人気の高まりから機能性とデザイン性を両立したマウンテンブーツタイプのシューズに注目が集まっている。


そのため同ブランドでは、サイドゴアデザインのミドルカットシューズ「SPM-442」をベースに、防水透湿性素材GORE-TEXファブリクスを採用するとともに、よりスマートなラストを使用し、キャンプなどのアウトドアスポーツだけでなく、悪天候時や街履きとしても幅広く使用できるSPM-1402を開発した。なお、同社はGORE-TEX認定工場であり、スピングルムーヴの特徴であるバルカナイズ製法を用いてこのシューズを製作している。


アッパーは、W.L.ゴア&アソシエイツ社の透湿防水試験をクリアするために、革の鞣しの段階で防水加油剤を入れた「GORE-TEXフットウェア仕様のレザー」を採用。スエードとラバータッチレザーの組み合わせで、シューレース、サイドゴア、踵の引き手に至るまでフッ素加工(撥水加工)が施されている。


シュータン部分には水かきを付け、サイドゴア部分は二重にすることで靴内部への浸水を防ぐ。アッパーのパーツにはDカン&カギホックハトメを採用し、マウンテンブーツのテイストをプラスしている。


アクセントとしてマウンテンブーツやトレッキングシューズで採用されているカラー丸紐が付属。さらに暗闇の視認性を考慮してブランドロゴのピスネームにリフレクター素材を採用した。


カラーは、ダークブラウン、ベージュ、ダークグリーンの3色。サイズはXS~XL(ジェンダーレス)の全7サイズ展開。価格は3万3000円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP