shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年03月06日

Shoespost-online

2021年03月06日

「プーマ スウェード」に姫路レザーを使ったMade in JAPANモデル



プーマジャパンは、1968年にトレーニングシューズとして誕生した「PUMA SUEDE(プーマ スウェード)」の最高峰に位置するMADE IN JAPANモデル「SUEDE VTG MIJ SILVER」(1万8500円+税)を、1月23日(土)からプーマストアの原宿、大阪、富士見、京都、サッポロファクトリー、福岡およびプーマ公式オンラインストア、一部取扱店舗で販売する。


PUMA SUEDEは、80年代には数々の有名アーティストに愛用され、ヒップホップカルチャーやスケートシーンに欠かせないアイテムとして世界中にその名を広めた。そんなプーマの歴史とともに歩んできた名作のなかでも、最高峰に位置付けられるのが、厳選された素材使いと匠の技が光る国内工場で生産されるMADE IN JAPANコレクションのPUMA MIJ。



今回は、アッパーパターンを1980年代中期に旧ユーゴスラビアで生産されていたシルバーフォームストリップの「SUEDE」を忠実に再現。アッパーには兵庫県姫路市で生産された「姫路レザー」のプレミアムスウェードを使用した。


「革に徹底的にこだわりたい」との考えから、オリジナルとは異なるコンセプトを採用し、シルバーフォームストリップにも同様のレザーを使った。インソールも足裏に接する部分がフラットな貼り付けタイプではなく、足型のラウンド形状に合うカップインソールを採用することで、より良い足馴染みとフィット感が感じられるつくりとしている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP