shoespost

 

 

Shoespost-online

2023年02月04日

Shoespost-online

2023年02月04日

リーガルコーポレーション、ストアブランド「REGAL Shoe & Co.」でアップサイクル&リセールプログラムをスタート



リーガルコーポレーションは、「リーガル」の伝統と世界観をストリートの感覚で再構築したストアブランド「REGAL Shoe & Co.(リーガル シューアンドカンパニー)」において、アップサイクル&リセールプログラム「REGAL Shoe & Co. REBUILT」(リーガル シューアンドカンパニー リビルト)を、12月16日(金)から始動した。


「REGAL Shoe & Co.」のシューズは、厳格な品質基準のもと、決して使い捨てではなく、長い期間、履くことができる製法やパーツを用いて製造された、時代や世代を超えて受け継ぐことのできる製品。丁寧なメンテナンスを施すことによって靴を長持ちさせるだけでなく、年月とともに革に「味」を与え、唯一無二のシューズに育てることができる。


さらに、同社が40年以上にわたって培ってきたリペアサービスを活用し、修理をしたり、パーツを変えて再構築することで、その靴に新たな命を吹き込むことができ、一足の靴を長く履き続けることは、環境配慮への行動へもつながる。


こうしたモノづくりのアイデンティティを背景に、新しい価値を吹き込み、ロングユースの思いを込めた唯一無二の製品を受け継いでいくアップサイクル&リセールプログラムが「REGAL Shoe & Co. REBUILT」。


かつて繰り返し着用し、今は静かに眠っている愛着のあるシューズを同社に託すことで、修理、メンテナンスを経て「REGAL Shoe & Co. REBUILT」に生まれ変わり、再び次のオーナーの元へと継承される。


リセールまでの流れは、まず引き取り後のシューズにリーガルのファクトリーで修理を行う。ソール替えの場合はシューズを解体し、新しいパーツに交換して再構築する。また、修理の必要のない状態の良いシューズや、修理後のシューズにはメンテナンスを施す。汚れを落とし、クリームで栄養分を補給しながら磨き上げた後、除菌加工する。


そして、修理やメンテナンスを経て新しい命を得たシューズは、「REGAL Shoe & Co. REBUILT」コレクションとして、手に取りやすいプライスで店頭に並べられる。


シューズの引き取りは、「REGAL Shoe & Co.」店舗で受け付ける(本人確認書類が必要)。引き取り対象ブランドは「REGAL Shoe & Co.」のみ。持ち込まれたシューズを査定し、内容に応じて「REGAL Shoe & Co.」店舗で利用できるクーポンチケットを進呈する。査定内容に満足できない場合はキャンセルも可能。査定の結果、引き取り不可になったシューズは、シューケアのサービスを提供する。


■「REGAL Shoe & Co.」=東京都渋谷区神南1-9-4 NCビル1F、TEL= 03-5459-3135▽営業時間=11:00-20:00 (祝日を除く月曜定休)


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP