shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年07月17日

Shoespost-online

2024年07月17日

「ルコックスポルティフ」の晴雨兼用モデルに“ムレ”にアプローチした軽量厚底レディススニーカー「LCS フルシュ PF」が登場



インソールにItoitex(イトイテックス)の「和紙布」を搭載、さらにシュータン部は透湿防水膜を使ったメッシュにして湿気を逃がす


売り場で“ルコックレイン”という愛称で呼ばれるほど、知名度が上がってきた「le coq sportif(ルコックスポルティフ)」の晴雨兼用モデルに、8月から“足元のムレ”にアプローチした新製品が加わった。


「ルコックスポルティフ」のフットウェアは、池田エライザさんをブランドアンバサダーに起用したコミュニケーション強化により、学生層を始めとした若年層への訴求が進み、ファン層が“エイジレス”で拡がってきている。


「ルコックスポルティフ」のフットウェアの強みは、ブランドのルーツであるフランスをイメージしたデザインに、軽量性に重きを置いた商品開発、さらに女性の足を考えたラスト設計によるフィット感の良さや、消臭加工といった生活機能を合わせたバランスの良さ。そして、プラスアルファの機能としてユーザーから評価が高いのが、防水設計を施した晴雨兼用モデルの提案がある。

LCS FOURCHE PF(LCS フルシュ PF) 9900円(税込)/8月から発売を開始した“足元のムレにくさ”にアプローチした晴雨兼用モデル。㊤㊧ホワイト/ネイビー、㊤㊨ホワイト/シルバー、㊦左ベージュ、㊦㊨ブラック

そうしたなか、8月から発売されたのが、晴雨兼用に足元のムレにくさをプラスした「LCS FOURCHE PF(LCS フルシュ PF)。デサントジャパンでは、「防水設計は求められる機能だが、水を浸入させない構造にするとは、どうしても足ムレが気になる」として、今回は、この問題をどのように解決するかに考えを巡らせた。


そして“ムレにくい”という新しい機能設計を生み出すために、ITOI生活研究所『Itoitex』(大阪府岸和田市)と協業し、同社が開発した和紙布をインソールに使用した。Itoitexは、紙の弱点である強度・伸度を再生ポリエステルで補いながら、まわりを和紙で覆い自然の働きを最大限引き出すハイブリッド和紙糸からつくられ、吸汗速乾性を発揮する。


さらに防水設計(4㎝静水試験で2時間防水を検査機関で検証済み※完全防水ではない)されたシュータンの一部を、透湿防水性のあるメンブレン(膜)を貼ったメッシュにすることで、上部から熱や湿気を逃がす設計も施した。

㊧4㎝静水試験で2時間防水を検査機関で検証済み(※完全防水ではない)の防水設計により晴雨兼用で使える。㊥インソール表面に吸汗速乾の「Itoitex」を採用。インソール本体はアーチサポートを意識した形状で、通気性とクッション性のあるOrtholite(オーソライト)を使っている。㊨シュータン部のメッシュ部分に透湿防水メンブレンを使って通気性を高めている

コーディネートしやすいシンプルなコート系デザインと足入れの良さやクッション性のあるアウトソールなどバランスの良いスペックで提案


ラストは、多くの人の足にフィットする3E相当とし、アーチサポートを意識した形状のインソールは、Ortholite(オーソライト)を採用することでクッション性があるうえ、通気性もあるため湿気を留めにくい。また、クッション性のあるアウトソールは、厚底ながら約220g(23.5㎝/片足)と、見た目以上の軽量性をもちあわせている。アウトソールは、踵部と前足部踏付部にラバーを配置したうえ、水はけを促すスリットを入れることで防滑性にも配慮している。


デザインは、シンプルなコート系にすることで、パンツでもスカートでもスニーカーコーディネートがしやすい。カラーは、ホワイト/ネイビー、ホワイト/シルバー、ベージュ、ブラックの4色で、価格は9900円(税込)。池田エライザさん着用モデルとなっている。

デザインはシンプルなコートスタイル。3E相当のワイドラストで多くの人の足にフィットする。アッパーサイドとシュータン、踵部には、ブランド生誕140周年でリニューアルされたフランスの国鳥で、ブランドの象徴でもある“雄鶏”のロゴマークを入れたほか、前足部にはさりげなくトリコロールカラーを配置。アウトソールの適所にラバーを配置(グレーの部分)するとともに、スリットを入れて水はけを良くしている

「ルコックスポルティフ」のフットウェアは、TELUNA(テルナ)シリーズでレイン対応シューズの提案をスタートし、現在ではコンパクトに持ち運べるトラベル&レインがコンセプトの「LA ALMA T+R(ラ アルマ T+R)」シリーズなど、さまざまなラインアップを用意している。


昨年は、セミポインテッドトゥ+プラットフォーム(厚底)仕様の晴雨兼用モデル、LA SEVRES PF(LA セーヴル PF)が人気を集め、今シーズンも継続展開されている。デサントジャパンでは、これら普段使いもできる防水モデルの販売が伸びるとともに、そのなかから出てきたさまざまなニーズに対応するシューズを開発し、世に送り出している。



関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP