shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年04月17日

Shoespost-online

2024年04月17日

【子ども靴特集〈2024年春夏〉ムーンスター「キャロット」】子ども靴専門店のゲンキ・キッズに聞く!入園、入学、進級を迎える子ども達の楽しい毎日を足元から応援する「キャロット」の魅力を紹介

子どもの足の健やかな成長を考えた機能靴として1985年に誕生して以来、たくさんの子ども達の足元を支え続けてきたムーンスターの子ども靴「carrot®(キャロット)」。ブランド名には、ニンジンのように“誰もが知っていて身近で、かつ体にとても良い存在”でありたいという同社の願いを込められている。


子どもの足の特徴に合わせた4つの機能(①かかとがっちり、②正しく曲がる、③つま先ゆったり、④洗えるインソール)を搭載し、ハーフサイズ展開はもちろんのこと、1E、3Eウイズに対応したモデルの提案など子ども達の様々な足のサイズに対応できる豊富なラインアップが特徴。

【キャロットの4大機能】①「かかとがっちり」 踵をしっかりサポートする「カウンターボックス®」の箱型構造により、子どものやわらかくゆがみやすい足をしっかり支える。②「正しく曲がる」子どもの足と同じ踵から3分の2くらいの位置で靴が曲がる設計「フレックスジョイント®」を採用。正しい位置で正しく曲がり、負担を軽減。③「つま先ゆったり」子どもの足はかかとが小さく、つま先が広がった“扇型”。つま先にゆとりをもたせたつま先ゆったり形状で足の指を圧迫せずにのびのび動かせる。④「洗えるインソール」1日でコップ1杯分の汗をかくともいわれる子どもの足。足裏になじみ、取り外して洗濯でき、いつも清潔に保てる

さらに、子どもを取り巻く環境やニーズにより寄り添った便利・快適機能やデザイン提案も魅力のひとつ。忙しいママ・パパへの優しさが詰まった洗濯機で洗える「チャチャッとRUNドリー!」や、夜に洗濯して次の日の朝には乾く「速乾シューズ」、子どもが自分で脱ぎ履きしやすいスリッポン、公園遊びがより楽しくなる工夫を凝らした「公園シューズ」、お出かけに彩りをそえるデザインが特徴の「Kinarinoco(キナリノコ)」などがその一例。


ムーンスターがバックアップしている子ども靴専門店「ゲンキ・キッズ」でも、キャロットを柱ブランドのひとつに位置付けて展開しており、豊富なサイズ展開と機能性から好評でリピーターが定着しているという。今回は、神奈川県横浜市にあるゲンキ・キッズ トレッサ横浜店で、この1年の子ども靴の動向と、入園、入学、新学期需要を迎えた現在の子ども靴の売れ筋や売り場づくり、キャロットの魅力などについて中山絵理店長に話を聞いた。


【ゲンキ・キッズ トレッサ横浜店の店舗概要】

神奈川県横浜市港北区にある地元密着型の商業施設、トレッサ横浜の1階に店舗を構えている。同フロアには子どもに人気の玩具店や雑貨店、子どもアパレル店などのテナントが入っていることから、平日でもファミリー層の通りが多い。商品構成はベビー(ファースト含む)~ジュニアで、15.0~22.0㎝(3~10歳)のキッズ、プレジュニアの需要が最も多く、ベビー、ジュニアと続く。足型計測機“フッ撮る”を常設し、その計測データをもとに接客をしながらサイズとニーズに合った商品提案を行っている。


子どもが楽しいと感じる売り場づくりと顧客とのコミュニケーションを大切にした接客に注力

店内は子どもが好きなバルーンやイラストなどをディスプレイして楽しい雰囲気の売り場づくりを意識。接客では「よりニーズにあったものを選んでいただけるようお客様との対話を大切にしている」と語る中山絵理店長

・接客について

ゲンキ・キッズの強みである子どもの足の合った靴をご提案することに重きを置いています。また、お子さんに楽しいと感じてもらえる売り場づくりも大切にしています。商品を選ぶ際に、まずはフッ撮るを使った足の計測を行うのですが、赤ちゃんや小さいお子さんは見慣れない計測器に不安を感じ泣いてしまうことが多いので、計測器の周りに手作りのおもちゃや遊べる物を用意し、楽しく計測してもらえるよう工夫しています。


計測後は試着、フィッティングとなりますが、親御さんのニーズへのすり合わせをもとに、お子さんの足に合った靴のご提案がとても大事だと思っています。親御さん、お子さんそれぞれの好みもありますので、たくさんお話ししてコミュニケーションを取りながら、ニーズになるべく近くなるような靴を選んでいただき、丁寧にフィッティングさせていただいています。


また、商品を購入されたお客様には、次の計測の目安についてもお話しさせていただいており、次の来店につながっています。


外出機会の増加でシーズン商品の動きが活発化。学校行事は制限がなくなり、運動会に向けて子どもの目印になるような派手な靴のニーズが増える

運動会はもちろん、通園、通学用途にも人気のスポーツタイプのコーナー

・新型コロナウイルスが5類に移行後の子ども靴の動向、お客様のニーズ、売れ筋について。

5類移行後は、家族でお出かけする機会が増えたせいか、夏はサンダルやウォーターシューズ、冬はスノーブーツといったシーズン商品の問合せが増えており、行楽需要が戻ってきた感じがします。


運動靴に関しては、運動会などの学校行事が、学年別に小規模で行なっていたものが全校生徒でできるようになったり、親御さんが見学できるようになったりして、以前のような“わが子を見つけやすい派手な色の靴”のご購入が多くなった印象です。


男児は、赤や黄色を求める傾向が見られます。ブランドはインパクトのあるデザインでアウトソールがスパイク仕様になっている「スキルシューター」の人気が高まっているほか、アウトソールにバネがついた走りをサポートする「スーパースター」も好評です。女児はパープルやミントカラーを求める傾向があり、かわいいデザインでソールにバネがついた「ラブラッシュ バイ スーパースター」が大変人気です。


オケージョンシーンにも対応できるオールブラックの運動靴を提案

㊧新学期需要コーナー、㊨普段使いもできるオケージョン対応モデルとしてスーパースター「SSJ755」のオールブラックモデルの提案(お取り寄せ対応)をテスト的にスタート

・入園、入学、新学期需要に向けたお店としての取り組みについて。

春の需要期に向けては、少し早めの2月中旬頃から店頭に新学期準備用コーナーを設置して、上履きやフォーマルシューズをディスプレイしています。また、トレッサ横浜のチラシに新学期向けアイテムの広告を掲載し、集客をはかっています。


商品面では、フォーマルシューズの需要掘り起こし策として、入園、卒園、入学といったオケージョンシーンにも履けるオールブラックの運動靴の提案を今年からテスト的にスタートしました(オールブラックはお取り寄せ対応)。すでに反応があり、これからの動きに期待がかかります。また、当店は近隣店舗と比べて上履きをお求めになる方が多いため、この時期はとくに在庫を増やすように心がけています。


子ども心をつかむデザインと親のニーズを捉えた機能提案が好評の「キャロット」


・柱ブランドのひとつである「キャロット」について。

子どもの足と靴に関心が高く、子どもの足にフィットする靴を求める親御さんから支持されている印象が強いブランドです。用途としては、お出かけや通園・通学、公園遊び用として求める方が多いです。


子どもからは、花柄やフルーツ柄、飛行機柄、恐竜柄などを採用したデザインが「かわいい」「カッコイイ」と好評です。また、砂場で動物の足跡がつくアウトソールを取り入れた遊び心あふれる公園シューズも「面白い!」ととても人気があります。


親御さんからは、すぐに乾く急速乾燥機能を搭載しているものや洗濯機で丸洗いできるシューズが、家事が楽になるという利点からとても好評です。


お店としては、細身の足や幅広甲高といった様々な子どもの足の特徴やサイズに対応できる多彩なラインアップが揃う点やデザインだけでなく機能性もしっかりしている点に魅力を感じます。


ゲンキ・キッズ トレッサ横浜店聞く!この春、キッズにおすすめの1足


【Kinarinocoシリーズ 「CR B153」「CR C2352」「CR C2353」】

このシリーズの2024年春夏のデザインテーマは「森のフルーツパーラー」。さくらんぼ、カップケーキ、レモン、ビスケット、小花の可愛い柄がポイント。さくらんぼ、カップケーキ、レモンの各柄はベビーサイズ(CR B153)からキッズサイズ(CR C2352)まであるので、姉妹コーデが楽しめる。かわいいだけではなく健康機能が充実している点も特徴。

左3点CR C2352(キッズモデル)、右3点CR B153(ベビーモデル)  ともに4620円(税込)/Kinarinoco。リボンやフルーツ柄が可愛らしいナチュラル&フェミニンな1足。キッズモデル:カラーはミント(カップケーキ柄)、ピンク(チェリー柄)、イエロー(レモン柄)。サイズ15.0~19.0㎝(ハーフサイズあり)。ベビー:カラーはアイボリー(カップケーキ柄)、ピンク(チェリー柄)、イエロー(レモン柄)。サイズ12.0~14.5㎝(ハーフサイズあり)

CR C2353 4620円(税込)/Kinarinoco。小花やビスケットを総柄で表現したナチュラルテイストのジョグタイプ。カラーはベージュ(ビスケット柄)、ミント(小花柄)のほかパープル(小花柄)もあり。サイズ15.0~19.0㎝(ハーフサイズあり)

【公園シューズ 「CR C2356」】

女の子が好きなユニコーン柄(パープル)と、男の子が好きな恐竜柄(ブラック)を取り入れたデザインが子ども達に大人気の1足。擦りへりにくく、砂場で動物の足跡がつくアウトソールや、砂が入りにくいメッシュアッパー、速乾機能や撥水加工の採用など公園遊びを楽しくする機能と工夫が盛り込まれていて親、子ともに納得の1足。

CR C2356 4070円(税込)/公園シューズ。カラーはパープル(ユニコーン柄)、ブラック(恐竜柄)。サイズ15.0~19.0㎝(ハーフサイズあり)

【チャチャッとRUNドリー!シリーズ 「CR C2350」】

洗濯ネットに入れて洗濯機で丸洗いでき、速乾仕様で夜洗っても朝には乾く点を特徴とする忙しいママ、パパにうれしいシリーズ。登場以来人気が高く、毎シーズンいろいろなデザインが出ているが、現在発売中のCR C2350は履き口が小さめで、少し細めのラストのため足が細めの1Eの足幅でも履けるアイテム。

CR C2350 4070円(税込)/チャチャッとRUNドリー!。カラーはピンク、パープル、ネイビー、ブラックのほか、ホワイトも用意。サイズ14.0~21.0㎝(ハーフサイズあり)

【Hi!!シリーズ(3E幅広タイプ) 「CR C2355HI」】

つま先ゆったり幅広モデル。屈曲性に優れた厚底のソールで踵部分にスタビライザーを搭載し、着地時の安定性と衝撃を吸収し快適な歩行を促す。中足部にはハードシャンクを配置し、ねじれ防止と土踏まずを支えることにより、蹴り出し時の歩行負担を軽減。キャロットのなかで、最も機能性に優れた靴。

CR C2355 4950円(税込)/Hi!!シリーズのキッズシューズ。カラーはピンク/マルチ、ブラックのほか、ブルーも用意。サイズ15.0~21.0㎝(ハーフサイズあり)



関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP