shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年07月26日

Shoespost-online

2021年07月26日

「モーダ・イタリア展&シューズ・フロム・イタリー展」が7月6日(火)~8日(木)にベルサール渋谷ガーデンで開催



イタリア大使館貿易促進部は、7月6日(火)~8日(木)に、東京のベルサール渋谷ガーデンで「第58回モーダ・イタリア展&第68回シューズ・フロム・イタリー展 2022春夏コレクション」を開催する。


今回もイタリア人出展者は来日せず、日本の代理店・インポーターをもたない企業は、各社の出展ブースにサンプルのみを展示し、イタリア大使館貿易促進部が手配するプロモーターが、コレクションを説明する。また、会場ではコレクションを見られるほか、会場とイタリア現地のイタリア企業とオンラインで結び商談することができる(通訳付き)。


来館者には検温を実施し、会場内はマスク着用を徹底し、飛沫防止アクリルパーテーションを設置するほか、手洗いと手指消毒の励行、会場内およびブース内での密集の回避など、最大限の新型コロナウイルスの感染防止策を講じて運営される。さらに会場と渋谷駅(セルリアンタワー東急ホテル前)を結ぶ無料巡回車を、コミューターからマイクロバスサイズに変更して密を回避する。




また、引き続き海外・国内バイヤーズミッションおよびランチ、コーヒーサービス、HAPPY HOURは中止とし、ドリンクカウンターではペットボトルによる飲料のみを提供する。


また、イタリアファッション業界の回復に向けての取り組みとして、以下の規格を予定する。
①モーダ・イタリア展&シューズ・フロム・イタリー展出展社(両展示会合計で約160社)情報を公開(近日公開予定)。
②フォトシューティング:日本のトップスタイリストが出展社のアイテムをセレクトし、日本市場に向けたコーディネートを提案。会場内の撮影エリアでマネキン着用のうえカメラマンによるフォトシューティングを行う。撮影した写真は随時、イタリア大使館貿易促進部の公式インスタグラム(https://www.instagram.com/ita_tokyo/)にアップされる。
③スペシャル・インスタレーション:前回2月展で好評だったサステナブルを象徴するグリーンを基調にしたインスタレーションを会場内に施す。


なお、今回もオンラインでの「来場者事前登録」は行わず、受付の手続きを簡略化するため、受付カウンターに名刺2枚を持参すれば入場できる。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP