shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年09月18日

Shoespost-online

2021年09月18日

アマガサ、「ジェリービーンズ」から靴の余剰資材を使用したアップサイクルバッグを展開



アマガサのレディスシューズブランド「ジェリービーンズ」は、サステナブルな取り組みとして「アップサイクルバッグ」の展開をスタートする。公式オンラインショップで8月13日から先行予約を開始。直営店(マルイ有楽町店、マルイ北千住店、あべのハルカス 近鉄本店)、百貨店店舗は、9月上旬頃に入荷予定。


ジェリービーンズは、より環境にやさしい製品開発を目指すなかで、環境に配慮した素材を使用したシューズライン「サスティナブルライン」の販売だけでなく、靴の製造工程にも着目し、未使用のまま廃棄されてしまう余剰生地の在庫から新しい価値を生み出す施策を模索。


生地の最小ロット数と靴の製造数との差異で生じる余剰生地や、プリントや箔加工など生地への表面加工の際に必要になる余剰生地を、新たに「アップサイクルバッグ」としてバッグやポーチに作り直す取り組みを実施することにした。ジェリービーンズの靴の製造を行っている神戸の靴の製造メーカーに協力を依頼し、縫製を神戸で行うことで輸送にかかる環境負荷を少なくした。


アップサイクルバッグは、限りある材料から作っているためオリジナリティ豊かな商品となり、同じ柄のバッグやポーチは数点のみの限定生産となる。


ラインアップは、トートバッグ、ランチバッグ、巾着バッグ、ポーチ。価格は、バッグ3型 2420円(税込)、ポーチ1320円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP