shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年09月25日

Shoespost-online

2022年09月25日

伊勢丹新宿店メンズ館に東京・三田のシューサロン「Forma shoe salon」が1月26日から期間限定で登場――「スピーゴラ」などのオーダーイベントも

東京・三田のシューサロン「Forma shoe salon」

三越伊勢丹ホールディングスは、伊勢丹新宿店メンズ館地下1階に、東京・三田のシューサロン「Forma shoe salon(フォルマ・シューサロン)の期間限定店舗を設置し、同店のオーナーである上田正樹氏がセレクトしたシューズやレザーグッズの展開に加え、伊勢丹新宿店だけのマテリアルを用意したパーソナルオーダーイベントを開催する。期間は1月26日(水)~2月1日(火)。


靴の修理業を営む傍ら、オーナーの上田正樹氏のセレクトするシューズや革小物、家具などを販売し、靴修理店の枠に収まらない個性あふれる店舗として運営されているForma shoe salon。本職である靴修理の技術の高さはもちろん、オーナーのセンスと人柄に遠方から足を運ぶファンも多く、伊勢丹新宿店メンズ館紳士靴売り場で『従来の靴売り場の枠に収まらない提案』を掲げた新たな取り組みを企画するにあたり、オーダーを交えたレザーグッズの提案が迎え入れられるのではないかと、今回のポップアップが実現した。


オーナー自らがセレクトした「SPIGOLA(スピーゴラ)」のシューズを始め、「Crevaleathco(クレバレスコ)」のレザーグッズ、「THOMAS RIEMER(トーマス・リーマー)の手袋、「GUILD VINTAGE FURNITURE(ギルド ヴィンテージ ファニチャー)のホームファニチャーなど、従来の百貨店紳士靴売り場の枠に収まらない、サロンならではの世界観を堪能できるラインアップが揃う。


「SPIGOLA」は、鈴木幸次氏が手掛けるビスポークシューズブランド。鈴木氏は1997年にイタリアに渡り、当時フィレンツェの若き靴職人として注目されていたロベルト・ウゴリーニ氏のもとで修業を積み2001年に帰国。地元神戸で自身のブランド「SPIGOLA」を始動。今や香港、シンガポール、ニューヨークなど世界を舞台に活動し、国内外問わず多くの熱烈なファンを持つ。


今回のポップアップでは、「SPIGOLA」が提案するプレタポルテ「SPIGOLA Leggera (スピーゴラ レッジェーラ)」から、ローファー、オックスフォードシューズがお目見え。通常のオーダーでは受け付けていない“サドル乗せ替え”と“タッセル乗せ替え”がアップチャージで選べる。また、「SPIGOLA」にForma shoe salonが別注した3型の先行モデルを用意したパターンオーダー会も実施する。「SPIGOLA」シューズのオーダー価格は税込19万8000円から(納期6カ月から)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP