shoespost

 

 

Shoespost-online

2023年02月04日

Shoespost-online

2023年02月04日

フープディドゥ、アート&ノンアル飲料の提供と靴屋を組み合わせた「2212(ニイニイイチニイ)浅草店」をオープン

「2212浅草店」の2階。手前は新ブランド「2212(ニイニイイチニイ)」。こだわった革を使ったベルトなども提案する。後方には同社が得意とするブーツが並ぶ

今年、創業35年を迎える浅草発の老舗シューズメーカーのフープディドゥ(松本茂夫代表取締役)は、新コンセプトのシューズショップ「2212浅草店」を11月26日(土)、浅草にオープンした。


「2212浅草店」の1階は、開放的なモクテルショップ(MOCKTAIL=ノンアルコールカクテル)とパークレット(PARK公園とREST休息を合わせた空間)、2階が靴屋という異色の組み合わせで、まさに“靴屋らしくない靴屋”がコンセプトになっている。


近頃、若者のスーツ離れや在宅勤務などでビジネスシューズを履く人たちが減り、低迷する靴業界だが、社名“whoop’-de-doo’=お祭り騒ぎ”の名のもとに、靴業界全体を盛り上げたい、そしてワクワクしてもらえるお店を作りたい、という気持ちで立ち上げたショップだ。


1階のカウンターではノンアルコールカクテルと微アルコールカクテルの提供を中心に、紙鞋(かみわらじ)やTシャツ等の販売も行う。壁や2階に続く階段には、音楽プロデューサーやデジタルアーティストとして活動する “Case-K Moonshine”が手掛けた作品が飾られている。


また、棚什器は建築資材で使われていた足場板を再利用し、1階のベンチには通常廃棄されるパレットを使用。サンプル品に命を吹き込んだ黄金に輝く靴のオブジェなどもあり、SDGsを意識した店舗になっている。


靴業界では、本当にいい靴、自分らしい特別な一足を求める人が増える傾向もある。そんな多様化するニーズに合わせて「2212浅草店」では従来の「whoop’-de-doo’」(1万円台後半~2万円台)だけでなく、新ブランド「2212(にいにいいちにい)」に加え、比較的リーズナブルなパターンオーダー(5~8万円台)や、地元浅草の職人と作る贅沢なフルオーダー(27万円~)といった新たなチャレンジも行っていく。


同社では、「いずれは靴を磨きながらお酒を楽しんだり、次回の新作の提案をお客様から募ったり、新しい試みに挑戦することを楽しめるお店にしていきたい」としており、ワークショップも開催していく。


■「2212浅草店」=東京都台東区雷門2-19-6、TEL03-3847-2212▽アクセス=都営浅草線浅草駅A4出口徒歩10秒▽営業時間=10時~19時▽Instagram=https://www.instagram.com/2212_asakusa/


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP