shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年05月11日

Shoespost-online

2021年05月11日

デサント、2021年度から日本事業の収益改善に向けた構造改革を実施

「DTC事業の規模拡大」「利益重視の経営」「基幹システム刷新」「希望退職110人募集」を軸に

デサントは、同社グループの柱のひとつである日本事業の安定した収益力強化に向けた構造改革を実施することを決議した。


同社は20年3月期に欧米の3つの子会社を事業停止・全株式譲渡するなど、エリアやブランドの取捨選択を終え、日本・韓国・中国の3つの市場に集中できる体制を整えた。


また21年3月期には、中国で「デサント」ブランド事業をさらに拡大し、合弁会社Descente China Holdings Limitedに対する持ち分比率を引き上げ、同社主益を向上させる再編を実施する。


日本国内については、日本事業の収益改善の達成に向け、「自主管理店舗の売上げ拡大による利益率向上」「Eコマース売上構成比のさらなる拡大」「CFO傘下にタスクフォースを組成し、戦略的な経費見直しによるコスト改善」の3つの戦略を柱とする取り組みを行っているが、21年4月以降、構造改革を断行していく。


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP