shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年04月12日

Shoespost-online

2021年04月12日

アシックス、ニューヨークの旗艦店を閉店し特別損失約23億円を計上

ASICS 5th Avenue Flagshipの外観



アシックスは1月4日、北米子会社の旗艦店「ASICS 5th Avenue Flagship」を2020年12月に閉店し、2020年12月期に賃貸借契約解約損および減損損失を合わせて約23億円を特別損失を計上すると発表した。


新型コロナウイルス感染症の収束が不透明ななか、店舗営業を継続した場合の事業リスク等を勘案し、今回の閉店でより一層の北米事業の収益改善をはかることが目的。なお、2020年11月6日に公表している2020年12月期の連結業績予想に影響はない、としている。


ASICS 5th Avenue Flagshipは、2017年12月にアメリカ・ニューヨークにオープンし、店舗面積は698㎡(約211坪)。アシックスブランドのランニング用、トレーニング用、テニスなどの競技用シューズ、スポーツスタイルシューズ、ウェア、バッグ、アクセサリーなどを販売していた。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP