shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年10月07日

Shoespost-online

2022年10月07日

「ニューバランス」から環境に配慮した素材を使ったXC-72の新色が登場

uxc72sd_105.tif



ニューバランスジャパンは「ニューバランス」から、2021年に登場しデザイン性や履き心地で人気となっているXC-72に、環境に配慮した素材を採用したニューカラー「UXC72」を1月14日(金)から発売した。サイズは22.5~29.0㎝で、価格は1万3200円(税込)。


ブラックとホワイトのシンプルなカラーで提案された今回の新色は、アッパー全体の50%以上にリサイクル含有繊維や不織布等を採用し、レザーワーキンググループ(LWG)においてゴールド認証を受けたタンナーで生産されたレザーまたはクロムフリータンニングレザーを使っている。


また、温室効果ガス削減に寄与する素材の採用や、リサイクル素材を含有する合成ゴムをアウトソールに採用するなど、シューズの素材選択において環境に配慮している。


XC-72は、ニューバランスの過去のモデルに着想を得たユニークなソールユニットと、洗練されたボディシェイプを融合したモデル。デザインソースは、1979年に登場したニューバランスのキャンペーン広告“Three of the Best”。異なるランニングのタイプから最適なシューズを提案するこの広告は、トレイルシューズの「375」、クロスカントリーシューズの「XC15」、軽量ランニングシューズの「620」の3モデルがフィーチャーされた。


ヘリテージに基づきながら、目を引くオーバーサイズのビッグNロゴや、シンプルでスリークなアッパーパターンなど、現代的なデザインを融合し印象的なルックに仕上げた2021年秋の最新モデルとして人気となっている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP