shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年04月17日

Shoespost-online

2024年04月17日

「ニューバランス」から契約アスリートの稲見萌寧プロと共同開発したゴルフシューズ「FuelCell 3000 v1」が新登場



ニューバランスジャパンは、「ニューバランス」からトッププロの足元を支えるゴルフシューズのフラッグシップモデル「FuelCell 3000 v1(フューエルセル 3000 v1)」を3月22日に発売した。契約アスリートの1人、稲見萌寧プロのフィードバックを各所に取り入れた共同開発モデルとなる。


アウトソールは、スパイクとサブスタッドの形状、位置、高さを工夫し、あらゆる地形で抜群のトラクションを発揮する設計を取り入れ、スパイクはプロがこだわる低重心を実現するため、ミッドソール側に鋲座を埋め込み、低重心による安定性を確保した。ミッドソールは、優れたクッション性に加え、卓越した反発性を持つ「FuelCellミッドソール」を採用。スイングに安定性を与えつつ、精度の高いプレーを長時間維持するStability web(スタビリティウェブ)を搭載している。


インソールは表面にナノフロントを使用、シューズ内で足が滑らず安定する。踵部分は、踵の安定感を向上させるCR COUNTERを搭載した。アッパーには、レザーライクな柔らかい人工皮革を採用し、ソフトなフット感を提供する。カラーは1色、サイズは22.5~29.0㎝でウイズは2E。価格はオープン。


稲見萌寧プロは「以前から地面に近い低重心なシューズを求めていた。今回のモデルもそれは実現されていて、安定感という点では満足している。また3000の特徴の1つはアッパーのしなやかさと柔らかさ。長い時間着用するアイテムなので快適性という点でもこだわった。そしてデザイン面ではピンクとゴールドをあしらい上質な見た目となっている」と語り、今年からの主戦場となる米ツアーを、このシューズとともに挑戦していく意欲を見せている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP