shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年09月26日

Shoespost-online

2022年09月26日

銀座かねまつ、不要になった靴のリユース促進を目指す活動をスタート



かねまつが展開する婦人靴専門店の銀座かねまつは、サステナビリティ(持続可能性)に対して責任を持ち、商品開発やサービスを通じて環境へ配慮する取り組み【KANEMATSU Lab.】を行っている。今回、まだ履けるのに廃棄される靴の削減、リユースを促進する取り組み「捨てない。私のサステナブル #530(ゴミゼロ)」をスタートした。


現在不要になった靴は、主にゴミとして廃棄されるのが一般的。その中には、まだ履けるのに廃棄されている靴も少なくない。同社はこのような靴を修理し、フリマアプリなどへの出品を促すことでゴミの削減とリユースの促進をサポートする。


サービス内容は、不要になった銀座かねまつブランドの靴の修理としてトップリフトと中敷を取り替え、耐久性(今後も通常の使用に耐えられるか)の確認を実施。さらに、簡易的なシューケアも行う。修理金額は一律2200円(税込)。修理品引き渡し時に「2000円OFFチケット(本体価格より)」をプレゼントし、さらに銀座かねまつが修理した証である「メンテナンス証明書(下取りサービスチケット付き)」を配付する。


修理をしてキレイになった靴をメンテナンス証明書付きでフリマアプリなどに出品。購入者はその靴が不要になったら、近くの銀座かねまつ店舗でメンテナンス証明書に付いている下取りサービスチケットを利用して下取りをしてもらうと、新しい商品を500円オフで購入することができる。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP