shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月08日

Shoespost-online

2022年12月08日

ナイキジャパン、日本ダンススポーツ連盟とパートナーシップ結ぶ――ブレイキンの日本代表チームをサポート

ナイキジャパンは、公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(Japan DanceSport Federation=JDSF)とパートナーシップを締結した。これにより、パリ五輪で新種目として追加となる「ブレイキン(ブレイクダンス)」に関するJDSF内のプロジェクトに特化したブレイクダンス本部をサポートし、オフィシャルサプライヤーとして強化選手を始めとする代表チームのアスリートへアパレル、フットウェア、ヘッドウェアを含むアクセサリーなどを提供する。


次世代のダンサーを中心に人気が広がるダンスは、日本最大のスポーツコミュニティーの1つであり、ナイキはダンスの芸術性と運動能力、そしてそれを支えるコミュニティを称え、スタイルとムーブメントを新しい表現で牽引するダンサーの声を高めていく、としている。


ナイキジャパングループVP兼ゼネラルマネージャーの小林哲二氏は、「JDSFとのパートナーシップを通して、世界の頂点で活躍するアスリートたちを、ナイキプロダクトが誇る機能性とスタイルでサポートできることを嬉しく思う。スポーツとカルチャーを結びつけ、多くの日本のアスリートをダンスの世界に導き、身体を動かす楽しさを伝えていきたい」と話す。


日本ダンススポーツ連盟ブレイクダンス本部部長のBBOY KATSU ONE(石川勝之)氏は、「ナイキとのパートナーシップを通して、さまざまなスポーツシーンからカルチャーシーンまで、信頼性が高く個性を発揮できるプロダクトとご一緒できることを楽しみにしている。これからの活動でスポーツやダンス、ブレイキンが持つ価値をともに発信していきたい」とコメント。


Ami(湯浅亜実)選手は、「ブレイキンにとって、ファッションも大切な要素だと思っている。スポーティからカジュアルなスタイルまで、ナイキのウェアで動きやすく、自分の気分の上がる服を選んで大会に挑むのが楽しみ」とコメント。


Shigekix(半井重幸)選手は「ナイキがブレイキンにフォーカスすることで、これまでダンスに馴染みのなかった人に知ってもらえたり、興味を持ってもらえたりする機会が確実に増えると思う。それにより、ナイキとブレイキンが生み出す化学反応による、さらなるブレイキンの普及が楽しみ」と述べている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP