shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月07日

Shoespost-online

2022年12月07日

ミズノ、ベトナムで展開しているミズノヘキサスロン運動プログラムに対しグエン・スアン・フック国家主席から特別感謝状受ける

ミズノ水野明人社長㊧とベトナム国家主席の使者としてミズノ大阪本社を訪れたグェン・ボー・フェン・ユーン氏㊨

ミズノは、ベトナムで展開している初等義務教育・ミズノヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業に対して、グエン・スアン・フック国家主席から特別感謝状を授与された。


ミズノヘキサスロンは、スポーツを体験したことがなく運動が苦手な子どもでも、楽しく、遊び感覚で「走る」「跳ぶ」「投げる」など基本的な動作を自然と身につけられる運動遊びメニューと運動能力測定を組み合わせた運動プログラム。


6月27日にミズノ大阪本社(大阪市住之江区)で行われた特別感謝状授与式には、ベトナム国家主席の使者のグェン・ボー・フェン・ユーン氏からミズノ水野明人代表取締役社長に特別感謝状が授与された。授与式には、前ベトナム特命全権大使 梅田邦夫氏も同席した。


今回の特別感謝状授与について、グエン・スアン・フック国家主席は「ベトナムと日本の両国が持続可能な素晴らしい未来を築くことを祈念する。ミズノのさらなる発展と、わが国に対するミズノヘキサスロン運動プログラムを通じたさらなる貢献を期待する」とコメント。


ミズノ水野明人代表取締役社長は「この度はグエン・スアン・フック国家主席より特別感謝状をいただき、厚く御礼申し上げる。本事業は、ベトナム政府の皆さまを始め、多くの皆さまのご理解、ご支援のもと推進させていただいている。当社は1906年の創業以来、『より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する』という経営理念の下、多くの皆さまにスポーツを通じて、明るく健康的な生活を届けたいという思いで事業を行ってきた。今後もより多くの人々が手軽にスポーツを楽しめる環境を提供するとともに、スポーツ品開発を通して培った技術力を活用し、人々の生活をより豊かにする取り組みをさらに広めていきたい」と述べている。


ミズノは、2015年からベトナムでミズノヘキサスロンの活動を開始し、2017年にはベトナム国立教育科学研究所と「ミズノヘキサスロン運動プログラムの実証」に関する協力覚書を締結、2018年にはベトナム教育訓練省と「ベトナムの小学校における体育教育促進に関する協力覚書」を締結し、教育訓練省公認のもと、63都市約200校の小学校で、ミズノヘキサスロンを活用した体育授業を展開している。


2021年10月には、ベトナム教育訓練省から発出された「国家指定備品リスト」にミズノヘキサスロン用具が掲載され、パブリックコメントとして公示された。ミズノは、今後も本事業を含めて持続可能な社会の実現に向け、「SDGsビジネス」の創出に取り組んでいく。なお、ミズノヘキサスロンに必要な用具は、ミズノが独自に開発した安全性に配慮した用具で、ベトナムの小学校の狭い校庭でも、遊びながら「走る」「跳ぶ」「投げる」など多様な動作を習得することができる。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP