shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月07日

Shoespost-online

2022年12月07日

丸五、再生デニムを使用した足袋型シューズ「tabiRela(たびりら)」を数量限定で発売――倉敷市児島のデニムメーカー、ITONAMIのプロジェクトに賛同

TabiRela(たびりら)ITONAMI DENIME 9900円(税込)/アッパーに再生デニムを使用した足袋型シューズ。カラーはきれいなスティールブルー

地下足袋メーカーの丸五は、同社の人気商品「tabiRela(たびりら)」のアッパーに回収デニムプロジェクト『FUKKOKU』の再生デニムを使用したサステナブルなシューズを、直営店限定で販売を開始した。


同社は、SDGs活動の一環として岡山県倉敷市児島のデニムメーカー、ITONAMIが行っているデニム回収プロジェクトに賛同し、再生されたアップサイクルデニムを使用した商品を開発した。


不要となったデニムは、回収・粉砕され針状の器具で織を崩して毛羽立たせ、綿または毛状の短繊維に戻される。その後、同じく綿状のオーガニックデニムと混綿し、いくつかの工程を経て1本の糸に仕上げられ、新たなデニム生地に織り上げられる。紡績を担当したのは、このプロジェクトに共感した倉敷紡績。


プロジェクト開始当初に目標にしていた回収デニムの数は1000本だったが、日本全国の共感を得て最終的に4000本のデニムが集まったとのこと。さまざまな種類、混率のデニムが集まったため、生地にする前の仕分け作業がとにかく大変だったという。


商品名は、「tabiRela(たびりら)ITONAMI DENIME」。丸五の倉敷にある自社工場で生産される“made in KURASHIKI”の商品で、価格は9900円(税込)。歩きやすく足の健康に良い足袋型シューズで、インソールには綿100%の刺し子を使用し、素足で履いても気持ちがいい。


重ねて折りたためば6㎝程度の厚さになるので、持ち運びもラクラク。旅先のセカンドシューズとしてもお勧め。サイズは22.0~26.0㎝(1㎝刻み)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP