shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年10月01日

Shoespost-online

2022年10月01日

キーン・ジャパン、ボランティア活動等で社会にポジティブな変化を起こすためのメンバーシップ・プログラム「KEEN Corps(キーン・コー)」をスタートへ

キーン・ジャパンKEEN EFFECT担当の井上泰子さん㊧と広報担当の種田聖子さん㊨

「KEEN(キーン)」を展開するキーン・ジャパンは、ボランティア活動や寄付、公式オンラインストアでの購入でポイントがたまるユニークなメンバーシップ・プログラム「KEEN Corps(キーン・コー)」を9月から正式にスタートする。「キーン・コー」は、単なるメンバーシップ・プログラムではなく、顧客とともに社会にポジティブな変化を起こすためのコミュニティであり、世界中のキーン・コーの仲間とつくるグローバル・ムーブメントに位置付けられる。


同社では「とくに、ボランティアに興味はあるが、“難しい”“分からない”という人に対し、コミュニティをつくって同じ興味がある人をつなげる。そして大きなコミュニティにしていくことで、世の中をポジティブにしていく切っ掛けづくりにする取り組み」と位置付ける。


ボランティアのポータルサイトになることを目標に掲げ、ボランティア団体の紹介をすることで、「どこでボランティア活動に参加できるのか」といった基礎的な質問にも答えながら、メンバー限定の勉強会やボランティアイベント等の開催により、学びや交流の場も設けていく。


キーワードは、“一緒に、世界を変えよう。」。キーン・ジャパンのKEEN EFFECT担当の井上泰子さんは、この取り組みについて「キーンは、モノづくりを通して世の中を変化させていく。ファンとともに、より広げていきたいという願いを込めている」と話す。


キーン・コーには、日本在住の18歳以上なら誰でも無料で登録することができる。メンバーには個人のダッシュボードが用意され、ログインすると自分のボランティア活動や寄付金額を登録・確認できる。メンバー全体のボランティア時間や寄付金額を見ることもでき、このコミュニティが世界に起こしたポジティブな変化を確認できる。ボランティア活動や非営利団体への寄付、KEEN公式オンラインストアでの購入などでポイントが付与され、獲得ポイントに応じてKEEN、KEENer、KEENestとランクが上がり、ランクに応じた特典も用意する。


災害支援をDNAに2003年からの累計寄付金額は1800万㌦(約20億円)に


「キーン」の歴史が始まった翌年の2004年、スマトラ沖大地震が発生する。キーンは、創業モデルのニューポートのプロモーション予算100万㌦のすべてをその支援に回すことを決めた。こうした災害支援をDNAに、環境保護や気候正義、ジェンダー平等など、社会正義への取り組みから「KEEN EFFECT(キーン・エフェクト)」と呼ぶ、「地球のすべての場所を、見つけたときよりも美しくして去る。世界を少しでもポジティブに変える」活動が始まり、現場ボランティアの足元もサポートしてきた。


キーン・エフェクトは、①Consciously Created(環境負荷の低減)、②Taking Action(能動的な行動)、③Giving Back(社会への還元)をテーマにする。2003年の創業以来、志をともにするNPOへの寄付は、累計で1800万㌦(約20億円)にのぼる。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP