shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月04日

Shoespost-online

2022年12月04日

「ティンバーランド」からハイキングシューズ「ユーロハイカー」のオリジナルモデルが日本で待望の復刻

㊧メンズ ユーロ ハイカー ハイキング ブーツ、㊨メンズ ティンバーランド ヘリテージ ウォータープルーフ ラバー トゥ ハイキング ブーツ

VFジャパンが展開する「ティンバーランド」は、ブランドのヘリテージを体現するハイキングシューズ「ユーロハイカー」のオリジナルモデルと、同シューズにインスパイアされた2022年秋冬のシーズンモデルを10月29日から発売している。


1988年に誕生したユーロハイカーは、当時主流だったヨーロッパのハイキングシューズのデザインを取り入れながら、軽量なソールを採用することでスニーカーのような快適な履き心地を実現し、高く評価された1足で、オリジナルモデルが日本で復刻されるのは10数年ぶりとなる。


今後、ティンバーランドはユーロハイカーを、「イエローブーツ」や「スリーアイ クラシック ラグ」と並ぶ第3のアイコンとして位置付け、オリジナルモデルの訴求やシーズンモデルの展開を進めていく。


ユーロハイカーのオリジナルモデルのアッパーには、簡易的な撥水機能を備えているオイルドレザーを使用。マットな風合いで履き込むほどに表情が変化していき、エイジングを楽しむことができる。このアッパーには、環境に配慮した製造活動が認められ、レザー・ワーキング・グループによるシルバーまたはそれ以上の評価を受けているタンナリーで生産されたベター レザーを使用した。価格は1万9800円(税込)。


ユーロハイカーにインスパイアされたアイテムの中核を担う「ヘリテージ ウォータープルーフ ラバー トゥ ハイキング ブーツ 」は、ラバー トゥ キャップとラバー ラグ アウトソールを搭載。どんな天候下の道でも対応可能な耐久性を備えている。


また、歩く度に衝撃を吸収しエネルギーに変える、逆さ円錐システムを特徴とするアンチ ファティーグ テクノロジーのフットベッドを採用。さらに、50%のリサイクルプラスチックから作られたティンバードライ ウォータープルーフ メンブレンと、ベターレザーを使用するなど、高い機能性と環境への配慮を両立させた1足になっている。価格は2万3100円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP