shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年05月14日

Shoespost-online

2021年05月14日

「リーボック」がアースデイに向けてサステナブルな高機能パフォーマンスシューズ発売



リーボックは、4月22日の「アースデイ」にあわせ、環境問題に配慮したサステナブルな新たなパフォーマンスモデルを2機種、2021年4月15日に発売する。


ひとつは、昨年秋にリーボック初の植物由来素材を原料とした高機能性ランニングシューズとして発売され、高い注目を集めた「Forever Floatride Grow(フォーエバー フロートライド グロウ)」のアップデートモデル「Floatride Energy Grow(フロートライド エナジー グロウ)」、もうひとつは、エコフレンドリーモデルとして今回初めて原材料の40%以上に天然由来素材を使用し、動物性原料を一切排除した高機能性フィットネストレーニングシューズ「NANO X1 Vegan(ナノ エックスワン ヴィーガン)」。


どちらも、地球に優しい天然素材を原材料に使用することで、環境問題に配慮しながら、アクティブにフィットネスを楽しむユーザーに応える高機能性を担保した、サステナブルなパフォーマンスフットウェアとなっている。


フロートライド エナジー グロウは、リーボックのサステナビリティに対する取り組みの一環として、原材料に植物などの天然由来素材を50%以上使用した商品開発製造を行う、<[REE] GROW(リーグロウ)>というコンセプトのもと開発された。


今作は、ユーカリを原料としたアッパーを再設計し、耐久性と通気性はそのままに、より高いフィット感と軽量化を実現。また、積水化成品工業により、唐胡麻を原料に開発された素材「エラスティルBIO」を使用したミッドソールにも改良が加えられ、軽量ながら高い耐久性と反発力を持つクッショニングを実現した。天然の防臭効果を持つブルーム藻を原料としたソックライナーは、モールディングによりサポート力がアップし、アウトソールには、柔軟性と耐久性を持つ天然ゴムを引き続き採用している。価格は1万5400円(税込)。


ナノ エックスワン ヴィーガンは、今春に発売したブランドが誇る高機能性フィットネストレーニングシューズ「NANO X1(ナノ エックスワン)」のサステナブルモデル。トレーニングシューズに求められる高い機能性はそのままに、原材料から動物性素材を一切排除し、原材料の40%以上に天然由来素材を使用した、地球に優しいモデルになっている。

高機能性フィットネストレーニングシューズ「NANO X1(ナノ エックスワン)」のサステナブルモデル 「ナノ エックスワン ヴィーガン」

アッパーにはコットンと樹木素材の混紡テキスタイルを使用し、アウトソールには天然ゴムを採用。また、唐胡麻由来素材とEVAを組み合わせたミッドソールは、ランニングシューズが持つクッショニングとトレーニングシューズに必須の安定性を両立し、高いパフォーマンス性を実現した。価格は1万7600円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP