shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年10月01日

Shoespost-online

2022年10月01日

「オニツカタイガー」がカプコンと協業して最新作「ストリートファイター6」のさまざまなプロジェクトをサポート



「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」はカプコンと協業し、ストリートファイターシリーズ最新作「ストリートファイター6」のさまざまなプロジェクトをサポートする。


「オニツカタイガー」は、eスポーツにおける年齢、性別、国籍や障害の有無の違いを超え誰もが受け入れられるボーダレスな社会づくりの可能性に着目し、eスポーツの普及とさまざまなチャンスやチャレンジの支援を目指してきた。


カプコンと「オニツカタイガー」は、同じ日本発祥のブランドとしてカルチャーを作り、古きを称えつつ新しさを加え昇華していく姿勢に敬意を払い、2019年の「ストリートファイター Ⅴ アーケードエディション」コラボレーションシューズの発売に続き、2回目のコラボレーションを実施する。


今回、協業プロジェクトとして、ゲームに登場するキャラクター「春麗」と「ストリートファイター6」の新キャラクター「キンバリー」のオリジナルビジュアルを制作。世代を超えた新旧キャラクターのタッグに合わせ、「春麗」はオニツカタイガーのアイコン的モデルである「MEXICO 66」、キンバリーはアーカイブシューズのエッセンスを組み合わせつつ、現代デザインに昇華したモデル「DELECITY」を着用している。


また、「春麗」と「キンバリー」のオリジナルビジュアルがプリントされたコラボレーションTシャツを作成し、日本限定でCAPCOMオンラインストア「イーカプコン」およびカプコンストア(東京・大阪)で販売する。


さらに、「オニツカタイガー」からも、タイの漫画家、ウィスット・ポンニミット(Wisut Ponnimit)氏(Instagram: www.instagram.com/wisut/)が「春麗」と「キンバリー」を描き起こしたオリジナルビジュアルのコラボレーションアイテムを2023年前半に販売予定。ウィスット氏は、日本を始め世界中で人気のキャラクター「マムアンちゃん」の生みの親として知られている。


「Street Fighter(ストリートファイター)」シリーズは、1987年に業務用ゲーム機として1作目を発売し、2022年に35周年を迎えた大人気対戦格闘ゲーム。1991年発表の「ストリートファイターⅡ」において画期的な対戦システムが話題を呼び、大ヒットを記録。個性溢れるキャラクター達の白熱したバトルと革新的なシステムが話題を呼び、やがて社会現象を巻き起こすまでの人気を確立。今もなおeスポーツ分野において、数々のドラマを生み出しユーザーを熱狂させている。さらに、ゲームの垣根を越えて映画やアニメ、ファッション、音楽などさまざまなカルチャーにも展開し、世界中に知れ渡るほどのブランドになるまで成長を遂げている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP