shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年04月13日

Shoespost-online

2021年04月13日

トモエ商事と福助がコラボ、玉川タカシマヤでフェアを開催中



トモエ商事は、福助と協業した「〈鞆ゑ〉&〈福助〉フットウェアストア」を玉川タカシマヤ本館4F T-ステージに3月16日(火)までオープンしている。


“日本のこころを履く”をコンセプトに、日本人のこだわりを随所に注ぎ込み、匠の技でつくりあげたトモエ商事のシューズブランド「鞆ゑ」と、“くらしを変える、一足を。”をコンセプトにした福助のレッグウェアブランド「fukuske」のモノづくりに対する想いが重なったことならこのフェアの実施に至った。


両社とも、より多くの男性に対し、足もとにこだわりを持ってもらえるように、ディスプレーでは「鞆ゑ」の靴と、「fukuske」の靴下を使ったコーディネート提案も行っている。両ブランドによるオリジナル靴下も展開している。


フェア期間中の商品購入者には、福助製のストッキングの生地を使った靴磨き用クロスをプレゼントする。


販売しているのは、「鞆ゑ」のビジネスシューズ(税込2万7500円から税込み5万600円)、「fukuske」のビジネスソックス、カジュアルソックス(ともに税込1100円から税込1430円)、マスク(税込990円)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP