shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年02月22日

Shoespost-online

2024年02月22日

【特集 ブランドスニーカー2023年春夏 『コンバース』コンバースジャパン】ブランド115周年を迎える今シーズンは快適な履き心地を追求、進化を遂げた新ラインが続々登場



今年、ブランド生誕115周年を迎える「コンバース」は、2022年12月にコーポレートロゴを始めとするビジュアルアイデンティティを一新。


新しいスポーツとファッションの垣根を越えてブランドが成長の幅を広げていった1970〜1990年代のロゴをベースにし力強さと洗練性を再構築した新たなロゴのもと、ファーストシーズンとなる2023年春夏シーズンは、オールスターの次世代モデル「ALL STAR Ⓡ(オールスター アール)」を筆頭に、「CHUCK TAYLOR(チャック テイラー)」のシューズを連想するディテールやデザインを散りばめたアパレルのハイエンドライン「CHUCK TAYLOR CLOTHING(チャック テイラー クロージング)」や極上の履き心地を実現したクラシックランニングシューズの新レーベル「STAR CRUISER (スター クルーザー)」など、新たな商品群を続々と立ち上げている。


アーカイブのクラシックなデザイン性と極上の履き心地を掛け合わせた新レーベル「スター クルーザー」をローンチ



2022年12月に登場したオールスター アールは好調なスタートを切り、今年2月にローンチしたチャック テイラー クロージングは予想以上の反響で今シーズンのアイテムはすでに完売のものも出てきている。このような中、今シーズン3つ目のトピックとなるスター クルーザーが3月17日に発売となった。


スター クルーザーは、バスケットボール、ランニング、スケートなど様々な競技用シューズをアーカイブに持ち幅広いバリエーション展開が魅力の「CHEVRON&STAR(シェブロン&スター)」から登場した新レーベル。


極上の履き心地を提供するため、次の4つの基本スペックを搭載。ライニングは、中底の内側に縫い込み、足を包み込むような履き心地を実現。ミッドソールには歩行に適した反発性を備えた「Vibram® SPE MIDSOLE」を、アウトソールには耐摩耗性に優れ、全天候に対応した「HIGH PERFORMANCE COMPOUND」の「VIBRAM® MEGAGRIP」をそれぞれ採用。インソールには、クッション性と通気性に優れた「Ortholite® INSOLE」を搭載した。

「スター クルーザー」の極上の履き心地を実現する基本スペック

ファーストシーズンとなる2023年春夏では、1977年に登場したランニングシューズ「STARFIRE(スターファイヤー)」をアップデートしたモデルを日本製で展開する。


アッパーには、ヴィンテージ感のある毛足の長い国産スエード、耐久性と撥水性に優れたコーデュラリップナイロンを採用。クラシックなアッパーに機能的なソールが掛け合わさることでシンプルながらハイブリッド感のあるデザインに仕上げた。シューレースにはオリジナルに近い粗めの織りのポリエステルを使用している。


カラーは、オリジナルの象徴的なカラーであるアップルグリーンと、クラシック感がありつつも現代的なカラーのビンテージネイビー、当時のコンバースのランニングシューズによく採用されていたグレイ/ブラックの3色展開。価格は2万2000円(税込)。

スターファイヤー 2万2000円(税込)/カラーはアップルグリーン、ビンテージネイビー、グレイ/ブラックの3色展開。サイズは23.0~28.0、29.0㎝

出足好調のオールスター アールからオリーブの落ち葉のエキスで鞣したオーガニックタンニンレザーを採用したアレンジモデルが登場


オールスターの次世代モデルとして登場したオールスター アールは、足入れした瞬間に感じる履き心地のよさとカラーバリエーションの豊富さから好調に推移しており、アレンジモデルも人気を集めている。

2022年12月に発売した「ALL STAR Ⓡ HI/OX(オールスター アール HI/OX)」

オールスター アールは、軽量性、クッション性、通気性に優れたリサイクルPUフォームにホールド性を向上させるE.V.A.ヒールカップを組み合わせ、履き心地をアップグレードしたコンバースオリジナルの高機能カップインソール「REACT2.0」の搭載や、アッパーのパターンやタンずれを防止するスリット、フリクションテープと同じ高さに整えたヒールラベルなど今までのオールスターのディテールの見直し、アッパーやライニング、シューレース、アウトソールにリサイクル素材を採用するなど、Ⓡを象徴する「REACT(リアクト)」「REFINE(リファイン)」「RECYCLE(リサイクル)」の3つの要素を完備している。

アッパーにオリーブの落ち葉のエキスで鞣したスペインのオーガニックタンニンレザー「OLIVE GREEN LEATHER」を採用したオールスター アール オリーブ グリーン レザー HI/OX

2022年12月に発売した「ALL STAR Ⓡ HI/OX(オールスター アール HI/OX)」を皮切りに、オールスター アールのアレンジモデルを続々と展開し注目が高まっているなか、3月にはアッパーにオリーブの落ち葉のエキスで鞣したスペインのオーガニックタンニンレザー「OLIVE GREEN LEATHER」を採用したオールスター アールのレザーアレンジモデル「ALL STAR Ⓡ OLIVE GREEN LEATHER HI/OX(オールスター アール オリーブ グリーン レザー HI/OX)」を発売した。


光沢のある表面と柔らかく落ち感のある瑞々しいレザーの質感が特徴の1足になっており、カラーは深みのあるネイビーが上品なディープシーの1色展開。価格は1万9800円(税込)。

㊧オールスター アール オリーブ グリーン レザー HI、㊨オールスター アール オリーブ グリーン レザー OX ともに1万9800円(税込)/ライニングには「OLIVE GREEN LEATHER」のロゴをプリント。ともにカラーはディープシーの1色展開。サイズは22.0~28.0、29.0、30.0㎝


【コンバース アディクト】
チャックテイラーのリニューアルスペック後、初のキャンバスのシーズナルカラーモデルを発売



コンバース生誕100年を記念して、2008年にスタートしたコンバースの究極のシューズライン「CONVERSE ADDICT(コンバース アディクト)」。国内の高感度な限られた店舗で展開されているラインで、ファッションコンシャスな人はもちろんのこと、スニーカーフリークをも魅了している。


今シーズンは、スペックのリニューアルから1年を迎えたチャック テイラーシリーズからキャンバスのシーズナルカラーとレザーの3型をすべてOXカットで4月に発売する。


「CHUCK TAYLOR CANVAS OX(チャック テイラー キャンバス OX)」は、リニューアルスペック後、初のシーズナルカラーモデル。今回は、定番カラーのナチュラルと、カラーバリエーションが豊富になった1966年のラインアップからグリーンをセレクトした。価格は1万8700円(税込)。


「CHUCK TAYLOR LEATHER OX(チャックテイラー レザー OX)」は、環境に配慮したドライタンニングによって丁寧になめされたecco®社のフルグレインレザーを採用。カラーは、モダンなセミシャイン仕上げのソフトタッチなブラックを提案した。価格は2万6400円(税込)。

㊧㊥チャック テイラー キャンバス OX 1万8700円(税込)/カラーはナチュラルとグリーンの2色展開。サイズは23.0~28.0、29.0、30.0㎝。㊨チャックテイラー レザー OX 2万6400円(税込)/カラーはブラックの1色展開。サイズは23.0~28.0、29.0、30.0㎝

両モデルとも、コンバース アディクトがベースとする1960年代のオールスターに見られる三ツ星ヒールラベル、サイドステッチなどの美しいディテールはそのままに、リニューアルしたラストや「SPONGE RUBBER」を追加したヒール構造、クッション性に優れたE.V.A.と「PORON®」の2重構造に加え、安定した歩行をサポートするTPUシャンクを組み合わせたカップインソール、防滑性と耐摩耗性に優れ全天候に対応した「HIGH PERFORMANCE RUBBER COMPOUND」の「VIBRAM® MEGAGRIP」ソールなど、ハイスペックな機能性とヘリテージなルックスを兼ね備えたアイテムになっている。



関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP