shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月16日

Shoespost-online

2022年05月16日

「プロテクティブスニーカー」の認知度は上昇傾向に――2021年度改正までの日本プロテクティブスニーカー規格を検証する




【プロテクティブスニーカー(略称:プロスニーカー)発足の経緯】
粗悪品流通に対応し2001年に日本プロテクティブスニーカー協会設立

1990年代後半、建設業界を中心に作業員の安全性が重視されるようになるなか、軽作業に従事するワーカー向けに甲被に合成皮革などを使用した先芯入りのスニーカーが出回った。


当時は、JIS以外の機能性基準がなく、これらの製品が安全性を有しているのか、日本安全靴工業会に問い合わせが増えてきた。これらの製品を実際に試験してみると、個装箱に記載されている文言「JIS適合品」「ISO規格に準拠」等には程遠い粗悪な製品が多数流通していることが分かってきた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP