shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月07日

Shoespost-online

2022年12月07日

アディダスジャパンのトーマス・サイラー副社長がランニングカテゴリーについて語る――ランナーのニーズに5つのシリーズで対応、アディゼロがイノベーションの原動力に

新商品発表会で語るアディダスジャパンのトーマス・サイラー副社長

アディダスジャパンのトーマス・サイラー副社長は、6月末に開催した「adidas Running/アディゼロ新商品発表会」で、グローバルな戦略カテゴリーのひとつであるランニングついて、次のように語った。


アディダスランニングの2025年を見据えたグローバル戦略では、「消費者の体験を向上させたい」「サステナビリティにフォーカスさせたい」ということのみならず、選手との信頼性を築き上げることが重要な柱になっている。


世界においてベストなスポーツブランドになるためには、ランニングにおいてベストでなければいけない。ランニングは最も大きなスポーツで、最もアクセスしやすいスポーツともいえるだろう。その目的はさまざまで、記録を狙いたい人、レースで勝ちたい人、健康のために走っている人とさまざまだ。アディダスは、ランナーのこうしたさまざまなニーズに対応していくために、ランニングにおいて、5つのフランチャイズ(シリーズ)の商品を用意している。


「ウルトラブースト」は、その代表格といえるもので、技術の最高峰を詰め込んだシューズであり、2013年以来、アディダスのランニングビジネスの成長を大きく牽引している。「4D」は、最も先進的な技術で開発されたシューズで、ランナーを前に進めるシューズとなっている。「ソーラー」は、オールラウンドに使えるエネルギーリターンを持ち合わせたシューズであり、「アディスター」は、長い距離をゆっくりと走るための人のシューズとして提案している。

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP