shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月23日

Shoespost-online

2022年05月23日

「マドラスウォーク ミズノセレクト」から高反発素材、ミズノエナジー搭載ウォーキングシューズ



マドラスは、「madras Walk MIZUNO SELECT(マドラスウォーク ミズノセレクト)」の2022年春夏最新コレクションとして、ミズノが独自開発した高反発素材「MIZUNO ENERZY」を搭載したソールを採用したビジネスにもカジュアルにも履けるメンズシューズとレディスシューズを、3月中旬から全国の百貨店およびマドラスオンラインショップ、マドラス直営店、ミズノウォーキング取扱店で発売している。


「madras Walk MIZUNO SELECT」は2019年3月から発売を開始したコラボレーションブランド。今シーズンは、ゆったりラストでありながら、すっきりとした見栄えに仕上げたフォルムと、履き口にストレッチ素材を使用し、靴の脱着が楽で足首への足あたりもソフトなエフォートレスなスタイルにぴったりの一足に仕上げた。インソールには、通気性が良く足あたりの良い発泡ウレタンを使用している。


最大の特徴は、柔らかさによってためた接地時のエネルギーを、ロスを少なく反発させるミズノ独自の新素材「MIZUNO ENERZY」ソールが、歩行時の接地時のエネルギーロスを少なくし、反発させることによって、次の動作をサポートして弾むような快適な歩行を実現したこと。


「MIZUNO ENERZY」は、競技特性や使用シーンに合わせて、最も柔らかさと反発性を高めた「MIZUNO ENERZY CORE」、軽量性を追求した「MIZUNOENERZY LITE」、標準的な「MIZUNO ENERZY」の3タイプがあり、「madras Walk MIZUNO SELECT」には、標準的な「MIZUNOENERZY」を搭載。これをミッドソール全体に採用することで、従来のミッドソール搭載モデルと比較すると柔らかさが約23%、反発性が約14%それぞれ向上した。


また、アウトソールも歩行時の足の運びに合わせた意匠の採用や踵・母趾球付近以外に穴を設けることで軽量化を実現。また屈曲が柔らかくなるように横方向に溝を入れ、前足部のラバーの硬度を程よく持たせてバネのように跳ねさせるなどの工夫を施し、歩行しやすい設計にした。


男性向けは「madras Walk MIZUNO SELECT MWZ0101」(ミズノウォーキング取扱店では「MIZUNOSELECT MW200」)で25.0~27.0㎝展開。カラーはブラック、ホワイト、ブラウンで1万9800円(税込)。女性向けは「madras Walk MIZUNO SELECT MWZS0101」(ミズノウォーキング取扱店では「MIZUNOSELECT MW200」)で22.5~24.5㎝展開。カラーはブラック、ホワイトで1万9800円(税込)。ともにアッパーは、カウスムース。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP