shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年07月01日

Shoespost-online

2022年07月01日

「アシックス」のアスリート向けのランニングシューズ「METASPEED」シリーズの機能を進化させた「METASPPE SKY +」「METASPEED EDGE +」を6月に発売

アシックス主催の世界陸連公式レース、META:Time:Trialsで「METASPPED +」を履いて英国国内記録と自己ベストを更新したEilish McColgan選手

アシックスは、「アシックス」からストライド型、ピッチ型の走法に応じてそれぞれ設計したアスリート向けのランニングシューズ「METASPEED(メタスピード)」シリーズの最新作「METASPEED SKY +(メタスピードスカイプラス=ストライド型)」と「METASPEED EDGE +(メタスピードエッジプラス=ピッチ型)」を6月中旬から順次発売する。価格はともに2万7500円(税込)。


「METASPEED(メタスピード)」シリーズは、走法の違いに着目し、ランナーの走り方を維持しながらパフォーマンスを向上できるように設計され、2021年3月の発売以来、アスリートのパーソナルベストを250以上記録(2022年4月24日時点)している。


今回は、アスリートの声をもとに各部位の形状や構造を調整するなど、機能を進化させた。「METASPEED SKY +」は、カーボンプレートをフラットな形状とし、ミッドソール内の上部に配置。また、クッションフォーム材のFF BLAST TURBOを、前作よりも約4%増量し、プレート全体でフォーム材を圧縮させることで、よりダイナミックで大きな反発力を生み出せるようにしている。


「METASPEED EDGE +」は、カーボンプレートをスプーン状とし、ミッドソール内のつま先に向かって下がるよう傾斜を付けて配置。FF BLAST TURBOは前足より約16%増量し、蹴り出しの際に力が必要な足の前部に局所的にフォーム材を圧縮させることで、少ないパワーで大きな反発力を得ながら、速やかに足を前に出す、といった効率的な足運びをサポートする。



スペインで開催された「META:Time:Trials」で27のパーソナルベストが更新される

4月24日には、アシックス主催の世界陸連公式レース「META:Time:Trials」がスペインのマラガで開催され、79人のトップアスリートが「METASPEED +」シリーズを着用して、史上最速のタイムを目指してハーフマラソン、10㎞、5㎞を走った。


結果、合計4つの国内記録と、出走者の約34%にあたる27のパーソナルベストが更新された。6人のレース優勝者のうち、5人がパーソナルベストを更新し、女子5㎞では英国のEilish McColgan(エイリッシュ・マッコルガン)選手が14分45秒で優勝し、英国国内記録と今年2月に記録したパーソナルベストを3秒短縮した。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP