shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年10月02日

Shoespost-online

2022年10月02日

「フィットフィット」から軽くて歩きやすいボリュームソールを採用しファッショントレンドと履き心地の両立を実現した新作登場



fitfitは、「フィットフィット」からトレンドのボリュームソールながら軽く屈曲性に優れ、履き心地とスタイルアップの両立を実現した「フレックスローファー」「フレックスタッセルローファー」「フレックスレースアップシューズ」3商品を発売した。同社の全国直営56店舗と、オフィシャルサイト、インターネット通販などで、3商品合わせて4000足の販売を計画している。


ソールは、軽さと耐久性を備えており、前方にスリットを入れることでしなやかに屈曲し、ボリュームソールでありながら歩きやすい設計を採用。また、前方部分は少し接地面を広く取りつつ、ヒールはコバと接地面を広く設定し、華奢に見せるくびれをつけることで、メリハリのあるデザインになっている。さらにソールの前部分に厚みがあるため、傾斜を感じずに3.5cmヒールのスタイルアップ効果が期待できる。


インソールは、同社オリジナル「フィットフォルム」を搭載。ノンスリップ素材で、アーチを持ち上げる立体形状が足の前滑りを防ぎ、快適な歩行をサポート。また、抗菌防臭素材で取替式になっているので、長く愛用できる。


ラインアップは、シンプルな「フレックスローファー」(税込1万4300円)、大ぶりなタッセルがポイントの「フレックスタッセルローファー」(税込1万5400円)、マニッシュなメダリオンデザインの「フレックスレースアップシューズ」(税込1万5400円)の3商品。サイズは22.5~25.0㎝。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP