shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年06月12日

Shoespost-online

2021年06月12日

「ブルックス」が新ミッドソール素材搭載のランニングシューズ「オーロラ」を世界同時発売へ



アキレスが展開するランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」は、次世代開発チームであるブルーラインが手がけるロード向けの新しいクッションモデル「Aurora(オーロラ)」を、6月10日に世界同時発売することを決めた。日本ではブルックス公式サイトと一部店舗で限定販売される。


オーロラは、「ブルックス」のトップモデルであるハイペリオンエリートやハイペリオンテンポを生み出した開発チームが、初めて人類を月に着陸させることに成功した宇宙船、アポロ11号にインスパイアを受け、これまでと同様に多くのランナーとともに開発したハイクッションモデル。


“まるで宇宙”をテーマに開発されたオーロラは、無重力空間で足が初めて地面に触れた瞬間の最高級の柔らかさを再現するため、「ブルックス」独自のクッション素材であるDNALOFTに液化窒素ガスを混ぜて臨海発泡させた新素材、DNALOFT V3をミッドソールに使用している。この素材は、DNALOFTクッションと比較して28%の軽量化を実現するとともに、クッショニングは16%、反発力は17%向上している。


ソールは、踵とつま先を反り上げたグライドロールテクノロジーを搭載することで、接地から蹴り出しまで極上の柔らかさと反発性を提供する。ドロップは6㎜。


ランニング初心者から、スピードを求めるランナーまでに最適なシューズになっている。男女サイズモデルがあり、価格は2万7500円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP