shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年09月20日

Shoespost-online

2021年09月20日

「ティンバーランド」から心地よく都会を歩き回るためのサステナブルでエコ・コンシャスな新作が登場

上段:㊧メンズ サッパウェイ ファブリック オックスフォード スニーカー、㊨レディース サッパウェイ ファブリック オックスフォード スニーカー。下段:メンズ サッパウェイ レザー チャッカ ブーツ

VFジャパンは、「ティンバーランド」からリサイクルプラスチックや環境に配慮した工程で製造されたレザーなどを採用した、サステナブルでエコ・コンシャスなコレクションを発売した。


今回の新作コレクションは、環境に対して責任を持ちながらも、都会の中で心地よく、自然とのつながりを感じながら、快適に暮らすためのアイテムをラインアップ。


フットウェアでは、メンズとレディスのサッパウェイ ファブリック オックスフォード スニーカーが登場。リサイクルPET素材のシューレースと、リサイクルプラスチックを50%以上使用したReBOTL(リボトル)ライニングが特徴となっている。価格は1万3200円(税込)。


また、メンズのサッパウェイ レザー チャッカ ブーツは、水、エネルギー、廃棄物管理を徹底した、環境に配慮した製造活動が認められ、レザー・ワーキング・グループによるシルバーまたはそれ以上の評価を受けているタンナリーで生産された「ベターレザー」を使用した。価格は1万4300円(税込)。


これらのシューズには、オーソライトフットベッドと丈夫なラバーソールを採用。街歩きには欠かせない履き心地の良さとトラクションを提供する。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP