shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年09月20日

Shoespost-online

2021年09月20日

「リーボック」から映画「ジュラシック・パーク」とコラボしたスニーカーが登場



アディダスグループの「リーボック」は、1993年に公開された映画「ジュラシック・パーク」と初めてコラボした「Reebok × Jurassic Park」を7月30日(金)に発売する。


このコレクションは、シリーズ最新作「ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)」の2022年夏公開決定を記念して製作された。ジュラシック・パーク生みの親であるインジェン社とタッグを組み、リーボックを代表するスニーカーとアパレルを再設計した。“6500万年前のコレクション”をテーマに、映画の登場人物や小道具をオマージュしたスニーカー13種類、アパレル5種類が登場する。


「インスタポンプフューリーOG」(税込2万2000円)は、ジュラシック・パークのゲスト用車両からインスパイアされ、ソールとサイドにはSUVのシートをイメージしたカラーライニングを施した。ポンプボタン部には「ジュラシック・パーク」の公式マークをあしらっている。


「ジュラシック スタンパー」(税込2万2000円)は、インジェン社の現場スタッフのユニフォームからインスピレーションを受け、タフなレザーとネオプレンのアッパーにより強い印象のシューズに仕上げた。「クラシック レザー」(税込1万4300円)は、カオス理論に魅了されたイアン・マルコム博士にインスピレーションを受けたデザイン。「ポンプオムニゾーンⅡ」(税込2万2000円)は、恐竜とスニーカーのDNAを組み合わせたデザインとなっている。サイズはすべて23.0~30.0、31.0㎝。


「ジュラシック・パーク」は、作家マイケル・クライトン氏の原作を、スピルバーグ氏がVFX映像で映画化したパニック・アクション映画。今回のコラボ商品は、Universal Studios Licensing LLCとの商品化契約に基づき、リーボックが企画・製作した。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP