shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月07日

Shoespost-online

2022年12月07日

伊藤忠商事、「Reebok(リーボック)」の日本における販売権およびライセンス権を取得――10月からロコンドなどを通じて販売へ

伊藤忠商事は5月12日、Authentic Brands Group LLC(オーセンティック・ブランズ・グループ合同会社、本社:米国、以下ABG)が保有する「Reebok(リーボック)」の日本における販売権およびライセンス権を取得することに合意した、と発表した。今年10月から、ロコンドなどを通じて展開を開始する。


「リーボック」の歴史は、1895年に世界で初めてスパイク付陸上トラックシューズを開発したことから始まり、その後、世界初の女性用スニーカーであるエアロビクスシューズ「フリースタイル」や、今ではブランドの代名詞である、靴紐の代わりに空気ポンプでフィット感を調節する「ザ・ポンプテクノロジー」を発表するなど、業界に先立ち優れた機能と高いデザイン性を両立した革新的なシューズ、ウェア、アクセサリーを開発してきた。


その後、バスケットボール、アメリカンフットボール、野球、サッカーなどの分野にも進出し、90年代には多くの一流スポーツアスリートとパートナーシップを締結。現在では世界80カ国以上で展開されており、世界有数の人気や認知度を誇るスポーツブランドとして確固たる地位を確立している。


Authentic Brands Group LLCは、独アディダス社傘下に15年間入っていた「リーボック」の獲得を2021年に発表、日本での展開が注目されていた。


今後、伊藤忠商事は、ABGと協業しながら同社が擁するブランドビジネスに関する幅広い知見やネットワークと、ロコンドのECを主軸とした小売ノウハウを活用し、日本における「Reebok」のさらなるブランド価値向上を行い、5年後には上代ベースで売上高200億円を目指す。


Authentic Brands Group LLCは、「ブルックスブラザーズ」「ノーティカ」「エディーバウアー」「バーニーズニューヨーク」「フォーエヴァー21」など数々のブランドを運営する米国ニューヨークが本社の2010年に設立されたブランド管理・開発事業などを営む企業。資本金は2億4540万㌦、売上高は4億8890万㌦。


伊藤忠商事は今年4月5日、米国大手スポーツ用品ブランド「Under Armour(アンダーアーマー)」の日本総代理店であるドームを連結子会社化し、Under Armour, Inc.(本社:米国ボルチモア)と2社でドームの経営を行うことを発表したばかり。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP