shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月07日

Shoespost-online

2022年12月07日

「リーボック」が人気漫画「左ききのエレン」とコラボレーション――作者・かっぴー氏描き下ろしの巨大ウィンドウアートをリーボックストア原宿で公開

リーボックストア原宿

ブランドキャンペーン「Life Is Not A Spectator Sport.~人生を、動いて、動かせ~」の一環として、国内外で活躍するアーティストたちを起用し、ブランドを代表するアイテムとのコラボレーション企画を今年3月から実施中の「リーボック」は、人気漫画作品「左ききのエレン」とコラボレーションし、作者・かっぴー氏描き下ろしの巨大ウィンドウアートをリーボックストア原宿で7月22日(金)から公開している。


さらに、かっぴー氏が描き下ろしたオリジナルストーリーの漫画を、リーボック公式 Twitter、リーボック クラシックストア原宿店で公開。また、このキャンペーンに合わせて、「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」の後期型「INSTAPUMP FURY 95」の“サックスブルー”を同日から発売した。価格は1万9800円(税込)。購入者には、「左ききのエレン」オリジナルデザインの特典を数量限定で用意している。


クリエイターの群像劇を描いた「左ききのエレン」は、「天才になれなかった全ての人へ。」というメッセージのもと繰り広げられる物語。「“天才”も“天才に憧れたけれど叶わなかった人”も、諦めずに自分の信念で動いて、自分だけの道を切り拓けば、それぞれの人生がみつかる、決して傍観者になるな。」という、人生のマニフェストのような思考と、リーボックが掲げるブランドメッセージが共鳴し、今回のコラボレーションが実現した。


「左ききのエレン」の中でキーアイテムとして登場する「INSTAPUMP FURY」は、ストーリーの要となるキャラクター「ルーシー」が登場当初から着用しているモデル。主人公のひとり、山岸エレンを軸に展開される一連のストーリーを“自分たちの物語”と捉え、その物語で輝くことこそ、“自らの人生”として行動するルーシーを「INSTAPUMP FURY」の存在が後押ししている。


作品内のキャラクターに、それぞれ着用スニーカーのブランドを設定するという作者のかっぴー氏は、自他ともに認めるスニーカー好き。キャラクターとブランドの共通項を最も理解しているかっぴー氏ならではのこだわりで、「左ききのエレン」を通して、「INSTAPUMP FURY」の魅力も発信されている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP