shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年04月12日

Shoespost-online

2024年04月12日

ミズノ、東京を含む世界主要都市を走るランニングコミュニティ「Midnight Runners(ミッドナイトランナーズ)」と契約



ミズノは、グローバルに展開するランニングコミュニティ「Midnight Runners(ミッドナイトランナーズ)」と契約した。期間は2023年2月~2026年1月の3年間。


Midnight Runnersは、2015年に英国ロンドンで活動を開始し、現在は世界の主要15都市(ニューヨーク、ボストン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、トロント、ロンドン、パリ、ベルリン、バルセロナ、シドニー、香港、メキシコシティ、ボゴタ、サンチアゴ、ブエノスアイレス)に形成されたランニングコミュニティからなり、各地で毎週、約100人規模のランナーが都市を駆け抜けるソーシャルネットワーク。その活動は、参加者の背景にとらわれず、多様な人と人との交流を最も重視し、主に、ランニング、コース内のインターバルポイントで行われるエクササイズ、アップテンポの音楽、ランニング後のソーシャルイベントから構成されている。


何よりも人と人との交流を重視しており、ランニング後にソーシャルイベントも開催している。また、各地に「クルーキャプテン」がおり、イベントの企画立案、実行を担っている。年間参加者は約8万人。ブランドバリューは「多様な背景を持つ人々をつなぎ、ともに走る喜びを分かち合い、人々の人生を豊かにする」こと。


今回の契約内容は、Midnight Runnersへのスポンサード、各都市のクルーキャプテンへのシューズ、アパレルの提供、参加者へのアパレルの提供、イベント動画・画像等の活用、SNSによる情報拡散など。対象都市は、上記15都市のうち、中南米の4都市を除き、今年2月20日から活動をスタートしたアムステルダム、新規計画中の東京ともう1都市を加えた14都市。


同社は、Midnight Runnersの活動を支援することで、ランニングの楽しさと人のつながりを世界に広め、経営理念「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」の実践と、ミズノランニングのカテゴリースローガン「For Every Run(多様なランナー、多様なランニングを支える)」の浸透をはかり、グローバルでのブランドプレゼンスの向上とランニング事業の拡大を目指す。


ミズノのグローバル・コーポレート&マーケティング室三平浩二郎室長は「ランニング事業は、ミズノのグローバル戦略の中で最も重要なカテゴリーの1つ。Midnight Runnersとの契約により、世界の主要な都市におけるミズノのブランドプレゼンスの向上がはかれることはもちろん、多くの多様なランナーを支え、またスポーツを通して人と人のつながりをもたらす活動を支援できることを、大変うれしく思う」とコメントしている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP