shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年07月14日

Shoespost-online

2024年07月14日

AOKI、下取回収した「服」を「靴」に生まれ変わらせたサステナブルな「ウールエコシューズ」を発売



紳士服量販大手のAOKIは、下取りで回収したスーツや礼服などのウール製品をリサイクルし、新しくシューズへと生まれ変わったウールエコシューズを、全国のAOKI店舗および公式オンラインショップで発売した。


同社では、1996年に日本で初めて不要になった衣類を回収する「AOKI ウール・エコ・サイクル」プロジェクトを、東亜紡織とスタートさせた。「限りある資源を大切に、有効に使うこと」を使命とし、回収した衣類を車の吸音材といった産業資材などにリサイクルしてきたが、今回初めて「商品」という形に生まれ変わらせることに成功。スーツからシューズへとリサイクルした本商品を「ウールエコシューズ」として新たに展開する。


同商品は、AOKI店舗で回収したスーツ・礼服を再利用したリサイクル糸を使用。店頭で回収された商品が、反毛工程を経て糸の原料となり、最終的にシューズのアッパー素材へと生まれ変わる。


スーツや礼服本来の色味を活かしたブラックのアッパーは、ソールや靴紐もすべてブラックで統一し、スニーカーでありながらシックな印象で、ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで使用できる一足に仕上げた。その他、撥水加工を施し、透湿防水フィルムや空気循環ソールを採用することで、雨の日でも安心して着用できるよう工夫。加えて、商品企画スタッフが幾度となく試し履きを繰り返し、実用性を高めるなど、強度や履き心地にもこだわった。価格は1万989円(税込、公式オンラインショップ価格)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP