shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月18日

Shoespost-online

2022年05月18日

コンバースジャパン、R&Dをパートナーに「コンバース オフィシャルリペアサービス」を11月15日からスタート



コンバースジャパンは、「コンバース」のシューズを長く大切に愛用できるよう「コンバース オフィシャルリペアサービス」をシューケアのスペシャリストであるR&Dをパートナーに開始する。


コンバースオリジナルのソールパーツやヒールラベルを使用し、踵のすり減りやサイドテープの剥がれ、オールスター クップシリーズのカップソール交換など全4種類のオリジナルメニューをR&Dが展開する靴修理店「FANS.」(浅草本店、新橋店)、「シューケアマイスター工房」(銀座店、日本橋店、玉川店、横浜店、大阪店、京都店)で受け付ける。


修理は、日本国内における正規品のみ対応可能。また、オールスターにジャックパーセルのヒールラベルを付けるといったカスタマイズは行わない。また、各窓口では、シューズリペアの他にもオリジナルのシューレースや、カップインソールなども販売する。


【メニュー概要】

ヒールリペア A 5500円(税込):踵のすり減りをオリジナルのソールパーツとヒールラベルで補修。(オールスターシリーズとワンスターシリーズのうち、 ホワイトテープ×ブラウンソール、ホワイトテープ×ブラックソール仕様のみ対象)


ヒールリペアB 4950円(税込):踵のすり減りを汎用のソールパーツとオリジナルのヒールラベルで補修。(オールスターシリーズのブラックモノクロームカラー、ジャックパーセルシリーズのホワイトテープ仕様のみ対象)


サイドテープリペア 2200円(税込)〈片足〉:サイドテープとアッパーの剥がれを接着。(オールスター、ジャックパーセル等が対象)


オールソールリペア 1万1000円(税込):オールスタークップシリーズのカップソールを交換(レザー オールスター クップ OXと同タイプのホワイトソールのみ対象)


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP