shoespost

 

 

Shoespost-online

2023年02月04日

Shoespost-online

2023年02月04日

【ワークシューズ特集 弘進ゴム】確かな安全性と快適性に加え、デザイン性も備えた多彩なラインアップで多様化するプロのニーズに応える



弘進ゴムは、あらゆる現場のプロのニーズに応え、働く人が安心して仕事に専念できる安全性と快適性、そしてデザイン性を備えた多彩なラインアップを展開している。


「ウルトラセブン」の55周年を記念したセーフティスニーカーが好評



弘進ゴムは、ワークブランド「ULTRAMAN(ウルトラマン)」シリーズから、1967年に放送を開始した『ウルトラセブン』の55周年を記念したセーフティスニーカー「UT-18SEVEN」「UT-18TDF」を2022年10月から展開しており、好調な動きを見せている。


同社は、力強く、安心・安全の象徴でもある「ウルトラマン」のイメージを再現したワークブランドのULTRAMANを2020年より展開。「ウルトラマンの強さと、安心感を。」をコンセプトに、機能性とデザインにこだわった製品をラインアップ豊富に提案している。


UT-18SEVENは、ULTRAMANシリーズの人気モデル「ULTRASEVEN UT-12」をベースとしたプレミアムモデル。アッパーは、ウルトラセブンのボディカラーをイメージした光沢感あるエナメル調のレッドカラーの合皮を採用。サイドには、「アイスラッガー」をモチーフにした反射プリントをアクセントとして施し、シュータン部分にはウルトラセブンイメージのワッペンを配置した。

ウルトラセブンをイメージしたセーフティスニーカーのUT-18SEVEN

UT-18TDFは、ウルトラ警備隊の特捜車「TDF PO-01 ポインター」をモチーフにデザイン。サイドに「ウルトラ警備隊 エンブレム」を採用し、シュータン部分にはウルトラ警備隊特殊車両のTDF PO-01 ポインターをイメージしたワッペンを配置した。さらにアッパーには、車体ラインを象った反射プリントを施した。

「ポインター号」をイメージしたセーフティスニーカーのUT-18TDF

両モデルともに、歩きやすくて疲れにくい軽量設計を採用し、軽量の樹脂製先芯を搭載。くるぶしまで保護するミッドカットタイプで、脱ぎ履きしやすいよう履き口の背面にスリット形状を配した。インソールは履き心地と姿勢サポートを重視した「FOOT CORE™(フットコア)」インソールを搭載している。価格は5500円(税込)。サイズは23.0~27.0、28.0㎝(23.0~24.0㎝は同社公式オンラインストア「弘進ショップ」限定販売)。


“街に溶け込めるようなデザインのセーフティスニーカー”をテーマにした新シリーズ「ファントムストリート」が登場



弘進ゴムは、セーフティスニーカーブランド「ファントム」からストリートデザインを取り入れた新シリーズとして「ファントムストリート」を開発、2023年から順次発売をスタートさせる。


ファントムストリートのテーマは「街に溶け込めるようなデザインのセーフティスニーカー」。シンプルなストリートデザインを採用しているため、流行のデニム作業服にも合わせやすく、自宅から作業現場への移動時も、作業時も、昼食や休憩でお店に立ち寄る時も、靴を履き替えることなくこの1足で過ごすことができる。



機能面では、軽量の樹脂製先芯を搭載したほか、通気性と衝撃吸収性に優れたカップインソールと、歩行・屈伸動作時の屈曲性をサポートするアウトソールを採用することで、毎日履きたくなるような快適性と履き心地の良さを実現。さらにミドルカット、ハイカットタイプには、脱ぎ履きしやすいよう履き口の背面にスリット形状を配している。


取扱店からはデザイン性と軽量性が高く評価されており、発売後の動向に期待がかかる。


ラインアップは全5型。シンプルなコートタイプで作業着にも合わせやすいホワイトカラーのローカットタイプ「FST-2000LC」(カラー:ホワイト)、人気のデニム素材をアッパーに採用したローカットコートタイプ「FST-2010LC」(カラー:Cブルー、Vインディゴ)、アッパー前方にデニム素材を採用し、後方に合皮を採用した異素材ミックスデザインのミドルカットコートタイプ「FST-2020MC」(カラー:ブラック)、ヴィンテージ風のブラックデニムをアッパーに取り入れたミドルカットコートタイプ「FST-2030MC」(カラー:Vブラック)、片足300g(26.0cm)の軽量設計を採用したブーツ風ハイカットタイプ「FST-2040HC」(カラー:ブラック)を用意した。サイズは24.5~27.0、28.0㎝。

ファントムストリートのローカットタイプ。㊧FST-2000LC、㊥FST-2010LCのCブルー、㊨FST-2010LCのVインディゴ

ファントムストリートのミドルカット、ハイカットタイプ。㊧FST-2020MC、㊥FST-2030MC、㊨FST-2040HC



走りだしたくなるような軽さと履き心地のよさ、スポーティなデザインが特徴の「ファントムライト」



また、ファントムの軽量商品群「ファントムライト」シリーズからは、2023年春の新製品として3モデルが登場する。ファントムライトは、26.0㎝の片足が300g以下という超軽量設計を採用したシリーズ。ランニングシューズに着想を得たスポーティなデザインで、走りだしたくなるような軽さと履き心地のよさが特徴だ。


EVAとゴムを組み合わせたアウトソールと軽量の樹脂製先芯の採用で軽量仕様を実現。アウトソールは、ラバー部分を分割し、スリットを入れることで屈曲性を高めた。中敷は、通気性と衝撃吸収性に優れたカップインソールを採用している。


シューズボックスは、同シリーズのスポーティで軽快なイメージを象徴するライトブルー採用。セーフティスニーカーのシューズボックスではあまり採用されていない色目のため、店頭での箱積み陳列時に顧客の目を引く点も魅力。


ラインアップは、通気性の良いメッシュ素材を採用したスポーティなローカットタイプ「FL-5000LC」(カラー:ブラック、ダークグリーン)、甲にラバーバンドを配しフィット性を高めたニットアッパーのスリッポンタイプ「FL-5010SO」(カラー:ブラック、レッド)、くるぶし部分もしっかりと保護するミッドカットタイプ「FL-5020MC」(カラー:ブラック、ネイビー)の3モデル。

ファントムライトの新モデル。FL-5000LCのブラック、ダークグリーン

ファントムライトの新モデル。FL-5010SOのブラック、レッド

ファントムライトの新モデル。FL-5020MCのブラック、ネイビー



ゴム長靴のフラッグシップモデルとして「MOUNTAIN ENOUGH X1」「コールドワーカーCW-60」を本格展開


ゴム長靴は、高い機能性を備えたフラッグシップモデルとして「MOUNTAIN ENOUGH X1(マウンテンイナフ エックスワン)」と「コールドワーカーCW-60」を開発、2022年から本格的に展開をスタートしている。


MOUNTAIN ENOUGH X1(マウンテンイナフ エックスワン)は、山遊びから日常使いまで活躍し、ファッション性だけでなくしっかりとした機能性を持ち、アウトドアアクティビティで使うことを想定したアウトドアスタイルのワークブーツ。


最大の特徴は、軽量耐劣化配合ラバーと軽量設計を組み合わせたハイパーライト仕様。同仕様は、アッパーに水に浮くほどの軽さを保ちながらも耐劣化性能にも優れた天然ゴムベースの新配合ラバーコンパウンドを採用。加えて、アウトソールは、厚みを実使用で問題のないギリギリの薄さに設定し、中底部品に軽量で強度のあるボード材を使用することで最軽量クラスの軽さを実現した。


さらに、3E設計、足なり3Dインソール、吸汗速乾ドライナーライニング、踏み付け位置に屈曲溝を設定した防滑屈曲ソールを採用することで、快適な履き心地を提供する。


主張しすぎないナチュラルなデザインで、ブラックとグリーンの2色展開。サイズはS(24.0〜24.5㎝)〜3L(28.0〜28.5㎝)。

アウトドアスタイルのワークブーツ「MOUNTAIN ENOUGH X1」。ブラックとグリーンの2色展開

一方、コールドワーカーCW-60は冷凍庫など低温下での作業に使用されることを想定した超低温作業用安全防寒靴。アッパーには耐寒ラバーを使用。足先部分にはグラスファイバーで強化した合成樹脂製のワイド先芯を採用することで冷気を遮断し、衝撃からつま先を守り、圧迫感を与えない足入れ感を実現した。アウトソールは防滑性と屈曲性に優れ、インソールは防寒性に優れたアルミ&フェルト中敷を採用している。取り外し式の中綿入り防寒インナーソックスも搭載。カラーは黒のみ。サイズはM(25.0〜25.5㎝)〜5L(30.0〜30.5㎝)。

超低温作業用安全防寒靴のコールドワーカーCW-60



安全・衛生・耐滑性能に優れた「ハイブリーダー」シリーズから先芯&踏み抜き防止機能をプラスした新モデルを提案


弘進ゴムが「安全対策」と「衛生対策」を強化した日本製の長靴「ハイブリーダー」シリーズから、新モデルとして「ハイブリーダーガードプラスHB-510」、「同カバー付き」、「防寒ハイブリーダーガードHB-505W」が登場した。


「ハイブリーダー」シリーズは、弘進ゴムが企画・開発した「安全対策」と「衛生対策」を強化した日本製の長靴で、汚れが詰まりにくく、滑りにくい特許取得の「クリーンウェーブソール」の採用が大きな特徴。


新モデルのハイブリーダーガードプラスHB-510は、強度の高い鋼製先芯と踏み抜き防止板入りで、安全に足を守る。カバー付きモデルは、履き口に耐久性に優れたナイロンオックス生地カバーを採用している。カラーは黒のみで、サイズは22.5~27.0、28.0、29.0、30.0㎝。

ハイブリーダーガードプラスHB-510。㊨はカバー付き

防寒ハイブリーダーガードHB-505Wは、保温性と足あたり感に優れたナイロントリコット4㎜ウレタンフォームを採用した防寒仕様で、高強度先芯入り。カラーは黒と白があり、サイズは22.5~27.0、28.0、29.0、30.0㎝。

防寒ハイブリーダーHB-505W。カラーは黒と白

油に強く、耐久性・耐滑性に優れ、クッション性に優れた食品用耐滑スニーカー「シェフメイト グラスパー」には、水が侵入しにくい6インチ丈仕様のスニーカーが新たにラインアップ。通年タイプの「CG-800」(サイズ:22.5~28.0、29.0㎝)と、保温性と足あたり感に優れたウレタンフォームをライニングに採用した防寒タイプの「CG-830W」(サイズ:23.0~27.0、28.0、29.0㎝)を用意した。ともにカラーは白のみ。

シェフメイト グラスパー。通年タイプのCG-800、防寒タイプのCG-830W




関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP