shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年04月17日

Shoespost-online

2021年04月17日

【春 おすすめのレディスシューズ 世界長ユニオン「ロコウォーク」】ロコモ予防につながるウォーキングを普段でも履けるデザインで



医学博士・井口傑氏と共同開発した機能システムをブランド名に


世界長ユニオンは、“歩行のサポートを徹底追求”した「LOCOWALK(ロコウォーク)」を2020年春夏から販売している。靴医学の権威である医学博士・井口傑氏と共同開発した“自然に歩ける、ラクに歩ける。”機能システム『ロコウォーク』をあえてブランド名に採用。3つの機能構造を軸に毎日のウォーキングを支え、ロコモを予防する。


同社が歩くことでロコモを予防することをベースにしたシューズを商品化したのは2016年から。ウォーキングに焦点をあてたトパーズアルコに、「歩きやすさ」」の技術を結集し、ロコウォークソール、ロコウォークインソールを搭載した。その第1弾モデルであるトパーズアルコ7401は、現在も販売している主力品番のひとつになっている。


ロコモ(ロコモティブシンドローム=運動器症候群)は、骨や筋肉など運動器の衰えを原因にして「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態のことを言う。とくに足腰が衰えると転びやすくなり、骨折すれば要介護の状態になりかねず、健康寿命にも大きくかかわってくる。日本の予備軍を含むロコモ人口は約4700万人と言われ、総人口の4割弱を占めるという報告もある。



新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛要請が出るなか、中高年層の運動機能の低下が問題視されつつある一方、政府の新型コロナウイルスの感染症対策本部によるコロナ対策の基本的対処方針では、「屋外の運動や散歩等」は生活の維持に必要なものとして、自粛の対象外になっている。


そこで世界長ユニオンは、「人生100年時代を迎えた現代社会において、ロコモ予防をして人生最後まで自分の足で歩いてもらいたい」という想いのもと、「ロコウォーク」シューズを提案している。

ロコウォーク1001 8690円(税込)/ロコウォークのトップ機種。3D構造インナーソール、ロッカーボトム構造、ラテラルフレア形状のダブルファスナーモデル。TPUカウンターで踵のブレも防止する。反射材仕様。㊧ブラック、㊨ホワイト。発売中



3つの機能構造により歩行をサポート、しっかり歩ける


「ロコウォーク」の機能構造のポイントは次の3つ。①3D構造インナーソール=ヒールサポート、横アーチサポート、縦アーチサポートを備えた足裏にフィットする立体構造のインナーソールが、足の負担を分散し、疲れを軽減する。また、ソールに設計されたリブ状のシャンクが歩行時のネジレを防止する。②ロッカーボトム構造=舟底形状のソール構造が、ロッキングチェアのようなイメージで前方への自然な体重移動を促して歩行をサポートする。③ラテラルフレア形状=踵部を下が広がったフレア形状にすることで、接地面を広げ捻挫や転倒を予防し、足裏全体をしっかりサポートする。


スポーティなデザインで年代を問わずに履ける。男女ペア提案も


デザインについては、年代を問わずに広がるアスレジャースタイルの定着に合わせてスポーティにまとめている。トップモデルのロコウォーク1001は、夜間の視認性を考慮して反射材を採用、ダブルファスナーで脱ぎ履きのしやすさにもこだわった。このトップモデルには、踵部にTPUカウンターを搭載し、歩行時の踵のブレを防止する。


ロコウォーク3002は、メッシュ素材をアッパーに採用して通気性を高めたモデル。熱圧着によるステッチレス設計のアッパーは足あたりも優しく、現在は1番人気モデルになっている。ロコウォーク3003は、伸縮性のあるストレッチソックスアッパー。ストレスフリーの履き心地を楽しめる。

ロコウォーク3002 6490円(税込)/3つの機能構造を搭載。メッシュ素材の採用で軽さと通気性に優れる。ステッチレス構造で足あたりも優しい。インサイドファスナー仕様。㊧2021年春夏の新色のシャンパンゴールド、㊨ネイビー


ロコウォーク3003 6490円(税込)/3つの機能構造を搭載。ストレッチソックスアッパーでストレスフリーな履き心地。㊧ネイビー、㊨ピンク。レディスモデルはすべて22.0~25.0㎝



これら第1弾商品に、2021年春夏シーズンに新たに加えたのがロコウォーク3009で、店頭に入り始めている。ホワイトとブラックのモノトーンで提案することで、普段のファッションにも合わせやすいデザインとしている。外羽根デザインを採用することで、甲部をしっかりホールドできることもポイント。

ロコウォーク3009 6490円(税込)/3つの機能構造を搭載。モノトーンで普段のファッションにも合わせやすい2021年春夏新製品。インサイドファスナー仕様。㊧ホワイト、㊨ブラック



コロナ禍で配荷は予定通りには進んでいないが、靴専門店や量販店、さらにはスポーツ量販店への広がりも出てきている。


世界長ユニオンでは、夫婦でカップルで快適ウォーキングを楽しんでもらいたいという考えのもと、ロコウォーク1001のメンズバージョンとしてロコウォーク1501、同様にロコウォーク3002のメンズバージョンとしてロコウォーク3501なども用意し、「楽しく歩いて健康に」を推進していく。

【メンズモデル】夫婦でカップルで歩いてもらいたいという「ロコウォーク」はメンズモデルも展開。㊧2点ロコウォーク1501 8690円(税込)/レディス1001のメンズバージョン。ダブルファスナー、反射材仕様。㊨2点ロ3501 6490円(税込)/レディス3002のメンズバージョン。インサイドファスナー仕様。サイズはともに24.5~27.0、28.0㎝


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP