shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月07日

Shoespost-online

2022年12月07日

皮革を使ったデザインコンテスト「ジャパンレザーアワード2022」の事前エントリー始まる

昨年に行われたジャパンレザーアワード2021の審査会/応募作品展の様子

日本最大のレザープロダクトのコンペティション「ジャパンレザーアワード2022」の事前エントリーが6月20日(月)から始まった。締め切りは7月19日(火)。応募作品の受付(本エントリー)締め切りは8月22日(月)必着。


日本皮革産業連合会の人材養成委員会は、国産の鞣し革等を使用した作品を全国から募集し、審査により優れた作品を選出することで、新たな“発想・表現”のできる人材の発掘と育成に取り組むため、「ジャパンレザーアワード」を実施している。


「ジャパンレザーアワード」には、フットウェア、バッグ、ウェア&グッズ、フリーの4部門のベストプロダクト、フューチャーデザインの2カテゴリー、および学生部門がある。応募資格は、性別・年齢・プロアマ不問(国内在住者に限る)。グループでの申し込みも可。


今回で15年目を迎える「ジャパンレザーアワード2022」では、審査会と応募作品展をこれまでのファミリー層の多い二子玉川から、ファッション感度が高くトレンドに敏感な客層が多い渋谷エリア(渋谷ストリームホール)に変更して開催する。また、9月24日開催の審査会では、全応募作品を展示し、審査委員長の東京藝術大学の長濱雅彦教授を始め、プロダクトデザイナーやファッションデザイナー、百貨店のバイヤーで構成された審査員全員で各賞とグランプリを選出する。


グランプリ(1作品)には賞金30万円が贈られるほか、2カテゴリーの各部門8作品に各10万円、学生部門の最優秀賞(1作品)に10万円、審査員長特別賞(持続可能なデザイン)に10万円が贈られる。そして昨年度に続き、全受賞作品を体験型店舗「b8ta(ベータ) 新宿マルイ」に12月1日から1月6日に展示し、消費者の声や行動データを受賞者にフィードバックする。


詳細・問い合わせは、一般社団法人日本皮革産業連合会(JLIA)ジャパンレザーアワード2022事務局(award.jlia.or.jp)、TEL03(3827)1991まで。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP